台湾鉄路 西部幹線

(台北-彰化)

台北から台湾西側を通り、南部の高雄までを結びます。利用者も大変多い区間で多客時には自強号の指定券は軒並み売り切れ、列車はデッキまで人があふれるくらいの混雑ぶりを見せます。競合する航路や高速バスも多く存在し、現在日本と同じ規格による新幹線も並行する区間です。 西部幹線

台北-高雄 377.5km

台北-彰化 188.3km


台中港たいちゅんかんtáizhōnggāng

貨物列車の姿があった。駅から港の方へさりげなく引き込み線がのびているのを見逃さず(笑)写真に納める。(2000/11/04)

清水ちんすいqīngshuĭ

台湾には日本にもある駅名と同じ名前の駅がいくつかある。この清水駅もその一つだが、もちろん読みは全然違う。(1999/03/19)

彰化つぁんふぁzhānghuà

二手に分かれた山線と海線がここで再び合流する。さらに彰化の手前で海線と山線をつなぐ短絡線もあり、1日何本かの列車がその路線を経由する。(1999/03/19)

海線・山線の路線図

彰化で見かけた海線と山線の部分だけの路線図。竹南から彰化まで二手に分かれているほか、彰化の手前の追分と成功を結ぶ短絡線もしっかり書かれている。(1999/03/19)


[先頭へ戻る]