台湾鉄路 東部幹線・北廻線

ぺいふいbĕihuíせん(蘇澳新站-花蓮)

山と海の合間を走行。幹線とはいえ、景色はローカルムード満点。そして花蓮へと目指します。 北廻線

蘇澳新站-花蓮 79.1km


北廻線はここからスタート。台北からの路線は、終点蘇澳と花蓮へと目指す路線に分かれる。(1999/11/20)

貨物線と謎の引き込み線を見つけた。あの線は何処に続いていくのだろうか。(1999/11/20)

莒光号の行き違い待ち合わせ。その間にホームでの撮影に余念がない鉄道ファン(私たちです(^^;))。(1999/11/20)

長く真っすぐ伸びる漢本駅ホーム。(1999/11/20)

やがて莒光号がやって来た。(1999/11/20)

普通列車の車内はこんな雰囲気。温泉愛好家の人たち(笑)が新たな温泉を求めて和平駅で下車。閑散としている車内がますます寂しくなる。(1999/11/20)

再び莒光号と行き違う。(1999/11/20)

和仁を出て海沿いをひたすら走る列車。この付近は山と海に挟まれた景色が続く。(1999/11/20)

(1999/11/20)

まっすぐに延びる線路と両側を山と海に挟まれた駅を出る。(1999/11/20)

少し海を離れて鉄橋を渡る。隣には複線の新しい鉄橋の姿が。(1999/11/20)

まもなく花蓮駅というところで、海側に伸びる貨物線が分岐。(1999/11/20)

蘇澳新站より普通列車で2時間かけて台湾東部の都市・花蓮に到着。(1998/07/19)

広々としたホームで発車を待つディーゼルカー。(1999/11/20)

貨物列車の姿も見える広々とした構内。(1998/07/19)

花蓮駅の待合室にあった漫画。踏切の安全通行に関する内容のようだ。この他にも待合室にはマナー向上の漫画が掲げられていた。職員の中に漫画が得意な人でもいるのかな?(1999/11/20)

駅を出て大きな荷物を抱え街歩きをすると、空港がそばにあるので空港へ行こうとしている客と間違えられたのか、駅前に店を構えるハイヤーの店の人たちから次々と声をかけられた。(1998/07/19)


[
先頭へ戻る]