阿里山鉄道 阿里山線

あーりーしゃんālĭshānせん(嘉義-沼平)

嘉義より阿里山を目指し、4時間かけて山を登っていく森林鉄道です。山を分け入り登るに連れて亜熱帯から温帯へと変わっていく植生や、眼下に広がる雲など台湾の他の路線では見られないような景色が楽しめます。鉄道趣味的にはナローゲージを走る小振りな客車にスパイラル線やスイッチバック、途中の小駅など興味を引くものがこれまた沢山あり、是非一度は乗っておきたい路線の一つです。我々が訪れた時は阿里山号に乗れずに大混雑の臨時平快に乗ることになり、大変な目に遭いました(笑) 阿里山線

嘉義-沼平 72.7km


駅名の由来はそばにそびえ立っていたつ巨木だが、写真の右側に見えるように落雷の被害に遭って切り倒されてしまった。一応現在でも日中阿里山からここまで走る列車も設定(神木線)されており、駅の近辺には多くの観光客で賑わっていた。(1999/03/21)

午前8時過ぎに嘉義を出た平快列車は昼過ぎにようやく阿里山に到着。駅出口がすぐ阿里山公園入口になっており、ホームで公園の入場券を買い求めて改札口を出る。小さな車両に納まっていたとは思えないほどの大勢の人がおり、ホームはしばらくごった返していた。(1999/03/21)

下へと降りていく線路が今まで通ってきた阿里山本線。まっすぐ上っていくのが支線の眠月・祝山線の線路。こう見ると結構な急勾配である。(1999/03/21)

広場から階段を上がっていったところにそびえ立っていた駅舎。この駅舎は地震で崩壊してしまったと聞く。(1999/03/21)

嘉義からの往路4時間弱の間お世話になった……というより詰め込まれた「平快」の車内。乗車中は大混雑で何がなんだか分からなかったが、阿里山駅で誰もいなくなり、ホコリだらけの車内の状態が明らかに。……というかお客乗せる前に掃除しようよ。それにしてもロングシートの小さい車両に長時間詰め込みというのはもう勘弁(笑)。(1999/03/21)

平快と阿里山号ではこれだけ車内のグレードが違う。車体はどちらも小さいけど、クロスシートの阿里山号の方がやはり遙かにゆったりとしていて、観光列車にふさわしい。(1999/03/22)

阿里山駅構内より、阿里山線・眠月線の伸びる方向とは逆方向にも線路が延びている。単なる留置線ではないようで、線路は山を回り込むようにしてその先も更に続いているようだ。この線路がこの先何処まで延びているのか、そして終点には何があるのかは私達は知らない。(1999/03/21)

阿里山訪問後の地震により阿里山駅が地震により乗降不可となってしまったため、その後列車は次の沼平まで直通しているようだ。(1999/03/21)


[
先頭へ戻る]