フクダ電子アリーナ・ハーバーシティ蘇我


2005年10月の公式戦から使用開始となったジェフ千葉のホームスタジアム。結局この時からホームゲームは全てここでの開催に。正式名称千葉市蘇我球技場だがネーミングライツを医療機器メーカーのフクダ電子が取得したため、フクダ電子アリーナという名前になった。さすが医療機器メーカの名前を持つスタジアムなだけに、開設当初からAEDが設置されている。(2009/05/09)

収容観客数が2万人弱で、サッカー専用なのでピッチも近くコンパクトな造り。横浜国際競技場のフィールド内に、このスタジアムが丸ごと収まってしまうという話を聞いたことがある。(2009/05/09)

フクダ電子アリーナよりも蘇我駅寄りに出来た、ショッピングセンターと電器店。国道357号線の歩道橋から見ると、フクアリをバックに両店舗が並ぶ姿が見える。駅により近いということで、アリオの脅威となるかも。(2009/03/01)

ハーバーシティ蘇我の中核をなす巨大なショッピングセンター。イトーヨーカドーなどの店舗が入っている。蘇我駅から遠いが駅との間に無料送迎バスが走り、車で来るならもちろん駐車場完備。(2009/05/09)

アリオの隣、蘇我駅寄りにある店舗。以前はHome'sだけだったがいつの間にかヤマダ電機も出来ていた。最近あちこちに店舗を増やしていないかヤマダ電機。(2009/05/09)

サッカー観戦目的で駐車場に車を停めてはダメです。以前は全面禁止だったが、最近はフェスティバルウォークの奥の方の駐車場が指定され、そこからスタジアムまでシャトルバスがピストン輸送しているようだ。(2009/05/09)

以前ここが製鉄所だったことを示すかのようなモニュメント。足元の説明書によれば、製鋼(鉄と酸素・石灰を混ぜて鋼を作る)という工程で作られた副産物のことをスラグと言い、リサイクルのために回収する鍋がこれらしい。(2009/05/09)

アリオよりフェスティバルウォークへと向かう通り。(2009/05/09)

ハーバーシティ蘇我の中では一番駅から遠いところに位置するショッピング&アミューズメント施設。オープン当初は1階は「とれとれ市場」という海鮮市場がメインだったが、流行らなかったのか、バイクショップにすっかり様変わりしていた。(2009/05/09)

1階の小さなスペースに展開していた昭和の駄菓子屋さん。最近この手の店をあちこちで見かける。(2009/05/09)

海鮮市場がメインだったころの名残を留める海鮮バーベキューコーナー。とれとれ市場があった頃は食材の調達は1階の店のどこからでも可能だったが、今は専用の食材コーナーがあるみたいだ。(2009/05/09)

フェスティバルウォークの裏手はすぐ海。広場から港が眺められる。(2009/05/09)


[
先頭へ戻る]