↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
奥多摩の廃線跡関連リンク



     

奥多摩駅付近

奥多摩駅・奥多摩工業付近

奥多摩駅の北側、奥多摩工業氷川事業所の工場から延びる貨物線。1986年の風景。この写真の左側から奥多摩湖まで貨物専用線の廃線跡が続いているが、この当時は奥多摩駅からこの工場までは貨物線が残っており、工場を出たところまでの路線上にはディーゼル機関車の姿も見えた。(1986/11/09)

北氷川橋から見た氷川の渓谷の眺め。写真右あたりに上の写真の工場が見える。(1986/11/09)

2つ上の写真とほぼ同じ位置から撮影した2016年8月の工場の写真。すでに工場近辺の貨物線も廃線となっており、高架線は残っているものの草木に覆われている状態だった。(2016/08/12)

草木の隙間から見える高架線を望遠で撮影。写真左も同じ位置を少し倍率を落として撮影したもの。枕木があるのはわかる。(2016/08/12)

工場から続く貨物線の廃線跡は氷川の渓谷のあたりで大きくカーブを描き、奥多摩湖目指して住宅地を高架線で通り抜けていく。(2016/08/12)

道路をまたぐ高架橋。草生した橋の上には線路が残っていそうだ。(2016/08/12)

むかしみち

むかしみちを行く

場所は変わって奥多摩駅から今度は南側にある氷川大橋を渡り、青梅街道を進んでいった先の郵便局あたりにある「むかしみち」という名前の遊歩道を目指す。写真のような看板があるわき道を入り、そこから羽黒坂を登っていくと・・・。(2016/08/12)

人の気配もなく心細くなる山の坂道を上がっていくと、やがて遊歩道と交差する場所に行き当たる。ここだけだと普通の山道のように思われるが。(2016/08/12)

遊歩道の奥多摩側を見ると、草木でやや視界を遮られているその先にトンネルと線路があるのを発見。(2016/08/12)

トンネルに近づくと線路の姿もよりはっきりとしてくる。(2016/08/12)

トンネル入口。特に立ち入り禁止にされている様子は無かったが、真っ暗な中を突き進む気も無くここで引き返す。(2016/08/12)

そして改めて坂道と遊歩道との交差点より奥多摩湖方面を見てみると、こちらも草木が生い茂る中、残された線路が続いているのを確認することが出来た。(2016/08/12)

水根駅跡・奥多摩湖付近

終点・水根駅跡

1986年、紅葉鮮やかな時期に奥多摩駅からバスで奥多摩湖まで足を延ばした時に撮影した貨物線の終点・水根駅の様子。このあたりの線路は残ってなかったがトンネルと道路を渡る鉄橋、さらにヤードのような広がる敷地が残っている様子が見て取れた。(1986/11/09)

そして奥多摩湖と写真左に見える小河内ダム。貨物線はこの小河内ダムを建設するための資材を運ぶために造られたのであった。(1986/11/09)

小河内ダムの多摩川の水門の写真。(1986/11/09)


トピックス・奥多摩の廃線跡