東京メトロ南北線

(赤羽岩淵-目黒 21.3km)

1991年の赤羽岩淵-駒込間の開業を皮切りに延長を繰り返し、全線開通が2000年9月と東京メトロの中では新しい部類に入る路線。全駅がホームドアで仕切られており、列車の姿がドアの向こうのベールに包まれています。埼玉高速鉄道・東急目黒線と直通運転を行い、さらに白金高輪から目黒の間は都営三田線と線路を共用しています。

赤羽岩淵-目黒 21.3km

 

関連路線

赤羽岩淵あかばねいわぶち

赤羽岩淵駅駅名標

南北線の北側の起点。但し線路は埼玉高速鉄道と繋がっているので、末端の駅という雰囲気は無い。乗り換え駅ではないがJRの赤羽駅へは大通りを歩いて600メートルくらいの距離。(2015/03/28)

 

駅の改札口。(2015/03/28)

 

自動券売機は東京メトロと埼玉高速鉄道線のものが並んでいる。(2015/03/28)

 

北本通り上に口を開けている南北線の入口。(2015/03/28)

 
 
 

駒込駅の改札口。(2015/03/28)

 
 

南北線のホームへ向かうエスカレータ。(2015/03/28)

 
 

飯田橋駅の駅名標。(2014/02/06)

 

飯田橋駅の改札口(2013/03/24)

 
 

ホームドア越しに見る南北線の列車。南北線はどこの駅もみんなホームドアが設置されているので、ホームから列車全体の姿を見ることは難しいのであった。(2015/03/28)

 
 

丸ノ内線と南北線を結ぶエスカレータ。(2013/12/29)

 

永田町ながたちょう

永田町駅駅名標

有楽町線の永田町駅をかすめるような位置に駅がある。赤坂見附駅とも繋がっており、東京メトロの5路線が集まる一大拠点。(2014/02/06)

 
 

溜池山王まで開業していた時の路線図。(1998/08/16)

 

麻布十番あざぶじゅうばん

目黒までの全線開業時に開業。都営大江戸線との乗り換え駅だが、この写真の当時はまだ大江戸線の開業前だった。セーラームーンの舞台となっているのはこの地らしい。(2000/09/30)

 

白金高輪しろかねたかなわ

都営三田線と合流し、ここより三田線との共用区間が始まる。東京メトロと都営地下鉄が路線を共用するというのは他にはないケース。(2000/09/30)

 

2面4線のホームで1番線が都営三田線、2番線が南北線。南北線は埼玉高速鉄道の開通前なので、駅名が一部シールで隠されていた。(2000/09/30)

 

3,4番線はどちらの路線も目黒方面行き。(2000/09/30)

 

白金台しろかねだい

三田線との共用区間での唯一の途中駅。対向式ホームの駅。(2000/09/30)

 

2つの路線図が並ぶ1番線ホームの路線案内。(2000/09/30)

 

改札口の外には、自動券売機も東京メトロ(開業当時は営団地下鉄)と都営地下鉄のものが仲良く並んでいた。(2000/09/30)

 

乗り入れ路線の東急目黒線についての告知をするサザエさんのポスター。それまでの東急目蒲線が目黒線になったのは、南北線全線開通の1か月ほど前だった。(2000/09/30)

 

白金台駅の入口。(2000/09/30)

 
南北線関連リンク





[
先頭へ戻る]