↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
金町線関連リンク



     

京成金町線 京成高砂-京成金町 2.5km

京成高砂けいせいたかさご

高架線上の5番線が割り当てられており、改札口も京成本線とは別になっている。本線とはホームが完全に分離されてしまった形になっているが、逆にその分ダイヤを組むのに余裕が出来たのか、運転本数が以前よりも増えたようで。改札口の先は緩いスロープになっている。(2010/07/17)

の高砂駅金町線ホームに停まる金町線列車。ホームは片面のみ。(2013/08/15)

高砂駅の先は、単線の高架線が続く。(2013/06/09)

地平ホームから出発していたころ

まだ金町線の高架線が出来る前の写真。この頃は本線と同じホームから発車しており、さりげなく左側にそれる線路が金町へと続いていた。(2007/09/29)

おいでよ葛飾

2013年に金町線を走っていたこち亀のキャラクター総出演の葛飾区のラッピング広告。こち亀の舞台の亀有は金町線のエリアから外れてはいるが、寅さんと並ぶ葛飾区の顔としてやはりこち亀は外せない。(2013/06/09)

「おいでよ葛飾」のラッピングはこの時は一編成すべての車両に施されていた。(2013/06/09)

京成高砂を出発

京成高砂を出発。京成本線・北総鉄道・高砂の車両基地を見下ろしながら、孤高の金町線が進んでいく。(2013/06/09)

高砂から柴又まではもともと複線だったが、高砂駅の高架化の際に線路1本だけが高架に上がったために今は実質全線単線になった。もう片方の線路は今でも地平ホームの高砂駅とを結んでいる。(2016/09/19)

柴又しばまた

金町線唯一の中間駅は帝釈天や寅さんの舞台として有名な駅。(2013/06/09)

カーブ上に存在する柴又駅に停車中の列車。柴又駅は上下列車の交換駅。(2002/05/25)

最後の一駅区間、金町まで続く線路。(2002/05/25)

寅さんの像

柴又駅前に飾られている渥美清……というか車寅次郎の像。(2002/05/25)

柴又帝釈天

柴又駅から徒歩。駅前から伸びる参道の先に門を構える。休日ともなると限られたスペースに造られた駐車場に観光バスが止まり団体客が訪れたりもしているが、映画「男はつらいよ」シリーズの終了に伴い参拝客も減少しているらしい。(2002/05/25)

帝釈天の本堂。ちなみに柴又帝釈天とは日蓮宗の寺院の通称とか。(2002/05/25)

帝釈天への参道

柴又駅と帝釈天を結ぶ参道。両側にはだんごや塩せんべいを売る店などが軒を連ねている。実は微妙に下りから上り坂に転じる場所があり、参拝客が多くなると高速道路と同じ原理で自然渋滞が起こる場所でもあるらしい……と、昔テレビで紹介されていた。(2002/05/25)

線路は続く

単線の線路は柴又から金町に向けて、太くまっすぐ続くのであった。路線は金町浄水場のすぐ脇を通る道路と並行して通っている。(2002/05/25)

そのまっすぐ続く線路上を突っ走る普通列車。(2001/11/17)

国道6号線付近

国道6号線の陸橋の下を踏切で通過していく。京成金町駅はもうすぐそば。(2001/11/25)

京成金町けいせいかなまち

終点金町駅。路線の延長上には常磐線の金町駅がある。(2016/09/19)

小ぢんまりした京成金町駅に停車中の京成電車。終点まで単線でホームも1本だけなので、来た列車はすぐ折り返さないと後から来る列車が入れない。(2003/08/10)

JR常磐線とは駅前広場を挟んだ場所に駅を構える京成金町線。(2016/09/19)

2001年訪問当時の金町駅。昔は駅は平屋建てだった。(2001/11/25)


京成電鉄・金町線