↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
千葉線関連リンク



     

京成千葉線 京成津田沼-千葉中央 12.9km

京成津田沼けいせいつだぬま

開運号の塗装をした車両が入線。本線からの直通もあるが、線内折り返しや新京成線からの直通列車が多い。(2009/11/01)

駅名標

直通運転の関係上、日中は以前は新京成線のみが使っていた5番線ホームからの発車。新京成線のこげ茶色矢印の駅名標に京成千葉線の次の駅・幕張本郷の名前が並ぶ。(2009/11/01)

京成幕張本郷けいせいまくはりほんごう

京成からの幕張新都心への最寄り駅として1991年に開業。駅前から千葉マリンスタジアムや幕張メッセなどを結ぶバスが出ている。駅が出来る前は幕張本郷駅に停まる総武線の電車を横目に直線区間を爽快に飛ばして追い抜いていく区間だった。総武線の真横に駅があって駅舎がつながっていても正式な駅名は「京成」幕張本郷。日暮里みたいに遠慮しなくても名乗ってもいいと思うのだが。(2009/11/01)

連接バス

幕張新都心とを結ぶバスが数多く出ている幕張本郷駅前。連接バスの姿も見かける。(2010/04/18)

みどり台みどりだい

海岸が遠ざかったとか、最寄の大学の名前や学部が変わった? など、多分そんな理由で過去に4回の駅名改称の歴史を持つ駅(浜海岸→帝大工学部前→工学部前→黒砂→みどり台)。現在は駅を出た通りを歩いて総武線のガード下をくぐると千葉大学の正門に着く。(2009/11/01)

みどり台駅の入口。津田沼方面のホームは構内踏切を渡る構造になっている。(2013/11/03)

京成千葉けいせいちば

JRの千葉駅と隣接。1987年4月に駅名が変わるまではひとつ隣が京成千葉駅だった。ガート下の一角に駅の入口がある。(2009/11/01)

国鉄千葉駅前だった頃。

1987年3月まで名乗っていた名前に「駅前」の付くバス停のような駅名。開業が「京成千葉」や「新千葉」より遅かったので付ける名前が無くなってしまったのかも。国鉄がJRになってしまったのを期に、隣の駅の駅名をいただく形で駅名が改称された。(1986/11/15)

国鉄千葉駅前駅だった1986年当時の駅のホーム。昔も今もカーブ上に駅があり、列車が到着するとホームとの隙間への注意を促すランプがホームの下でくるくる回って光る。赤い列車の前面に取り付けれた、手動でめくって切り替える方式の行き先表示板が歴史を感じさせる。(1986/11/15)

ホームから覗けるお隣の国鉄千葉駅。当時モノレールはまだ建設もされていなかったので、駅の上空が開放的に感じる。(1986/11/15)

千葉中央ちばちゅうおう

京成千葉線の終点。さらにこの先千原線に続いているが新京成線の乗り入れ車両の運転はここまで。京成千原線はかつては「千葉急行」という別の会社線だったが、経営が成り立たなくなり1998年10月に京成電鉄に編入。(2009/11/01)

外房線が疾走

千葉と本千葉駅のちょうど中間あたりにある千葉中央駅。隣のJRには駅は無いので、ホームから通過する外房線の列車の姿が見える。(2009/11/01)

1986年の京成千葉駅

1986年の当時「京成千葉」駅だった同駅の終端部分。行き止まりだがその先既に千原線(千葉急行)の建設が始まっていたのが見える。(1986/11/15)


京成電鉄・千葉線