↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
山陽新幹線関連リンク

【訪問宿リンク】

ヴィアイン広島入口
ヴィアイン広島

広島駅隣接のロケーションのホテル。駅までほとんど屋根伝いに行けるのがうれしい。ネットも利用できる清潔感あふれるホテルでした。

ホテルJALシティ広島
ホテルJALシティ広島

広島駅から徒歩10分くらいの場所にあるホテルです。駅からやや離れた場所にありますが、宿泊でJALマイルがたまります。





     

山陽新幹線 新大阪-博多 644.0km

新大阪しんおおさか

新大阪を境界として東海道新幹線から山陽新幹線へ。所属会社もJR西日本に変わる。九州新幹線が全通してからさくら号が新大阪を始発して走るようになった。(2014/04/16)

かつて「のぞみ」号として山陽新幹線内を300km/hでかっ飛ばしていた頃の500系。今はこだま号となって余生を送っている。(1998/08/19)

新大阪を出て進行方向左手の眼下に広がる在来線の車両基地。トワイライトエクスプレスの車両が見える。(2014/04/16)

桜並木を両側に従えた阪急神戸線の線路が直角に交わる。(2014/04/01)

新神戸しんこうべ

六甲トンネルと神戸トンネルに挟まれた場所に位置する駅。JR在来線との接続は無いが市営地下鉄経由で市街地へと出られる。今はのぞみが全列車停車する。(2014/04/14)

姫路ひめじ

レールスターの車両がホームに停まる風景を見つつ、さくら号で通過。(2014/04/16)

姫路駅を過ぎた後に交差する山陽電鉄本線。山陽電鉄の路線は西側から回り込むようにして姫路駅に乗り入れている。(2014/04/14)

南側の車窓に広がる手柄山中央公園。今だかつて廃軌道が姫路市内に残るモノレールの終点だったところ。(2014/04/14)

相生あいおい

兵庫県の中で唯一のぞみが停まらない駅らしい。ということでこの時乗っていたのぞみ号も通過。(2014/04/16)

相生から岡山は山陽本線とは大きく離れ、香登駅付近では赤穂線と並走する区間がある。(2014/04/11)

岡山おかやま

隣のホームに500系こだまが停まる岡山駅に到着(2014/04/14)

岡山駅駅舎。さすが岡山、駅前の桃太郎の銅像の他にポストの上にも寝そべる桃太郎の像があった。(2003/05/17)

四国へとまっしぐら、瀬戸大橋線が分岐していく様子も車窓から見えた。。(2014/04/16)

新幹線の車両基地

岡山を出てほどなく車窓に広がる新幹線の車両基地。(2014/04/11)

新倉敷しんくらしき

通過列車向けなのか、ホームの端に設置されている「新倉敷」の大きな文字が目に留まる。(2014/04/16)

福山ふくやま

福山に停車する「さくら」号から撮影。カーブ上にホームがあるためか通過線の線路の傾斜が半端ない(2014/04/16)

新尾道しんおのみち

1988年開業。尾道市街から国道184号線を1.5キロほど北上したところに駅がある。市街地から離れている上に在来線とも接続が無く、さらに福山駅から在来線に乗り換えたほうが尾道駅に行くのは便利なため、乗客の数は減少している。(2014/04/16)

三原みはら

新倉敷や福山と同様に、この駅にもホームの端に駅名の大きな文字が掲げられている。山陽新幹線の定番なのかな。(2014/04/16)

東広島ひがしひろしま

新尾道と同じく、1988年に開業した在来線との接続を持たない新幹線単独駅(2014/04/16)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

広島駅到着直前に新幹線の車窓から見える広島カープのホームスタジアム。(2014/04/16)

広島ひろしま

広島駅に到着したのぞみ号。のぞみの速さを以てしても東京からおよそ4時間。東京から新幹線1本で来るのはこのあたりが限界?(2013/12/03)

上り列車ホームから、向こうのホームののぞみ号を撮影。(2014/04/02)

山陽新幹線の発車案内はのぞみ・こだま・さくらが大部分を占める。「ひかり」はほとんど姿を消してしまった。(2013/12/03)

広島駅の南口。こちらからだと新幹線ホームへは一度在来線の改札を通る必要がある。(2014/04/16)

新岩国しんいわくに

駅自体は至って地味で、他の路線への乗り換え手段が無いように見えて錦川鉄道の清流新岩国駅がすぐそばにある。実は国鉄岩日線時代から御庄駅という名前で新岩国に隣接して駅はあったのだが、国鉄・JR時代は新幹線には無視されていたようだ。(1995/01/07)

徳山とくやま

新山口しんやまぐち

元は小郡駅だったのだが山口県の新幹線駅ということを強調したかったのか、2003年10月に在来線ともども今の駅名に改名。(2005/02/27)

小倉こくら

関門トンネルをくぐり、九州に入って最初の駅。九州新幹線直通の上下のさくら号がホームで並ぶ光景。九州新幹線が開業しても、新幹線が博多から鹿児島まで延びても、小倉から博多までは引き続き山陽新幹線であり、JR西日本の路線なのであった。(2012/08/05)

さくら号の出発後、続いてのぞみ号到着。さくら号8両に対してこちらはその倍の堂々16両編成。ホームいっぱいに停まる。(2012/08/05)

そして次の終点博多に向けて、出発していくのであった。(2012/08/05)

小倉駅駅ビル

駅ビルのど真ん中からモノレールが伸びている。かつては駅前に路面電車が走っていた。(2005/02/27)

博多はかた

東京から長い長い道のりを経て到着する新幹線の「終点」だったのも今は昔。のぞみはここで終点だが、新幹線ロードはここからさらに九州新幹線と名前を変え、まだまだ続くのであった。東京からの直通は無いが、山陽・九州新幹線直通列車として「みずほ」「さくら」が活躍中。(2012/08/05)

レールスターが登場。ついつい「ひかりレールスター」と呼んでしまいそうだが列車はもっぱらこだま号。ひかり号はほとんど九州に来なくなってしまった。(2012/08/05)

駅名標

博多駅駅名標。次の駅として九州新幹線と博多南線の駅名が並ぶ。(2012/08/05)

500系のぞみ号

博多で出発を待つ500系のぞみ号。2005年の光景。(2005/02/14)


JR西日本・山陽新幹線