↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
東海道本線関連リンク



     

東海道本線 熱海-豊橋 189.0km

熱海あたみ

同じ東海道本線でも熱海を超えて直通する列車は多くなく、所属会社も変わって走る列車の車両も様変わりする。(2004/06/20)

三島みしま

伊豆箱根鉄道の駿豆線の乗り換え駅。特急踊り子号の修善寺行きはここより伊豆箱根鉄道へ乗り入れる。(2004/06/20)

静岡しずおか

新幹線と在来線のホームがほぼ同じ高さにある高架上の駅。(2017/07/15)

三島方面を見る。三島に向けて出発する列車と静岡に向かって走ってくる貨物列車の図。(2017/07/15)

1986年の静岡駅駅舎

1986年の静岡駅駅舎。当時はよく急行東海号に乗ってこの駅までやってきていた。そしてさらに普通列車に乗り換えてさらに先を目指したものだった。(1986/08/19)

安倍川あべかわ

相対式ホーム2面2の駅。橋上に駅舎がある。(2017/07/15)

用宗もちむね

駅のすぐそばを新幹線が通る駅。停車中に新幹線が通過する姿が見られた。(2017/07/15)

焼津やいづ

静岡市を抜けて焼津市へ。ホームは1本のみ。(2017/07/15)

西焼津にしやいづ

国鉄末期の1987年に開業。焼津とともに焼津市にある。(2002/02/08)

西焼津駅のホーム。(2017/07/15)

藤枝ふじえだ

路線は藤枝市へ。かつてはここから静岡鉄道の駿遠線が伸びていた。(2017/07/15)

六合ろくごう

西焼津よりは前の開業だが、こちらも国鉄末期の1986年に開業している。(2017/07/15)

島田しまだ

島田市の中心駅で、結構な数の人が下りて行った。2004年まではここから東京行きの普通列車が走っていたとか。(2017/07/15)

大井川

金谷に到着する手前で大井川を渡る。(2017/07/15)

金谷かなや

SLやトロッコ列車で有名な大井川鉄道との乗換駅。街からはかなり外れているようで、駅の周りは何も無かった記憶がある。(1991/09/28)

掛川かけがわ

かつては国鉄二俣線という名前だった第3セクターの遠州浜名湖鉄道が分岐。1988年3月からこだまだけではあるが新幹線も停まるようになった。(2002/02/08)

浜松はままつ

1986年当時の浜松駅。遠州鉄道に乗り換えられる。(1986/08/19)

京阪神間を走っていた新快速のお下がりを快速列車として使っていた。

(1986/08/19)

ムーンライトながらに乗って深夜の浜松に到着。30分ほどの停車時間があって、ホームに出て気分転換したり深夜のコンビニに買い物に出掛けたりして時間を過ごしていた。(1996/03/17)

豊橋とよはし

立て続けに古い写真ですみません。おそらく今は駅も様変わりしているはず。飯田線、名古屋鉄道、豊橋鉄道などが集結する交通の要所で新幹線も停車する。(1986/08/19)


JR東海・東海道本線