JR四国 予讃線

(高松-松山)

高松と松山の両都市を、瀬戸内海沿いに結ぶ四国で一番の幹線。瀬戸大橋線が出来てからは岡山と松山を結ぶ特急も多く走っています。路線自体は松山からさらに先、宇和島まで続いています。 予讃線

高松-宇和島 297.6km

高松-松山 194.4km


高徳線や土讃線、瀬戸大橋線などの路線の列車が乗り入れている高松駅がこの路線の始発。琴電も近所の高松築港より出発している。(1988/03/30)

1988年の高松駅。旧高松駅ホームで発車待ちする特急しおかぜ(1988/03/29)

同じく普通列車。(1988/03/29)

かつては停まる列車が普通列車上下1本ずつだけという時代もあった。今は普通電車が全て停まっている。レンタカーで讃岐うどん屋巡りをしていた時、たまたま近所に駅があったので寄り道した。(1999/02/20)

讃岐府中駅ホームと駅名標。(1999/02/20)

築堤上のホームに上がる階段。階段袂にある電話ボックスは「有線公衆電話」という名前のちょっと変わった電話だった。(1999/02/20)

瀬戸大橋線線との分岐点。岡山から直接松山に向かう列車はこの駅は通らない。(2003/05/17)

高架線上にあった駅。(2003/05/17)

こちらも讃岐府中同様、電車が走り始める以前はほとんど列車の停まらなかった駅。今は普通列車が普通に(?)停まる。(2003/05/17)

土讃線とはここで分岐。予讃線はさらに瀬戸内海沿いを西に進み松山へ。(2003/05/17)

特急「しおかぜ」号は大部分がここで終点。予讃線はさらにこの先、宇和島まで続く。駅前は松山駅よりも伊予鉄道の松山市駅前の方が賑わっていた。有名観光地の道後温泉へは駅前から写真手前に線路が見える路面電車に乗って行く事が出来る。(1999/02/21)


[
先頭へ戻る]