JR四国 土讃線

(高松-窪川)

瀬戸内海側の多度津から南下し、太平洋側の都市・高知を経由して窪川に至る路線。特急列車は全て高松・岡山から直通運転しています。 土讃線

高松-窪川 231.4Km

多度津-窪川 198.7km


高松駅駅舎

高松たかまつ

路線としての起点は多度津だが、線内の特急列車は高松または岡山から発着している。ガラス張りの駅舎が目を引く高松駅。(2007/04/29)

多度津駅構内

多度津たどつ

予讃線と土讃線の分岐点。土讃線の起点はこの駅となっている。複雑な配線がステキな駅構内。(2003/05/17)

金蔵寺駅

金蔵寺こんぞうじ

方向幕にさりげなく「瀬戸大橋線」と表記している普通列車とすれ違う。(2003/05/17)

琴平駅駅舎

琴平ことひら

金刀比羅宮への最寄り駅。金刀比羅宮へは琴電の駅の方が近くにあるが、JRも玄関口として風格のある駅舎を構えている。(2003/05/17)

坪尻つぼじり

琴平を出るとどんどん山の中に入っていく。県境を過ぎて最初の駅はスイッチバック駅。列車はゆっくりとバックしてホームに入っていった。ここで当時走っていた急行「土佐」号との通過待ち合わせのため数分停車。しばらく駅に止まっていると同じ色の急行列車が通り過ぎていった。(1989/03/13)

大歩危峡と、最寄りとは言えない距離だが「かずら橋」の玄関口の駅。駅舎の前にかずら橋のミニチュアが置いてあった。大歩危峡へはここから徒歩。かずら橋へはバスで1時間程。(1988/04/01)

大歩危駅駅舎

駅前を通る道路から大歩危駅駅舎を見下ろす。(1988/04/01)

大歩危峡の川下り

大歩危峡

路線に平行して続く渓谷に架かる橋を渡り、「レストランまんなか」から川下り線に乗船。周りはごつい岩ばかりで、岩の層がみんな斜めになっている。船の折り返し地点ではこの層は横向きになり、さらにその先では斜めに下がっていて層が褶曲しているらしい。大歩危峡は水の量の増減が激しいそうで、一番増水した時、上方に見える道路の少し下辺りまで水位があったそうだ。なお、この辺りは川の流れが速く、泳ぎに行った人の中に帰ってこなかった人もいるとかで、それ以来遊泳禁止になっているとのこと。(1988/04/01)

かずら橋

かずら橋

大歩危駅からバス。坂道のきつい道路をゆっくりと走って約1時間で到着。入口で400円払い、雨だったので片手に傘をさして片手で葛の手すりにつかまって恐る恐る橋を渡った。足元には隙間があり川が丸見えである。手すりをつかんでいる左手が冷えてきた頃に対岸に着いた。(1989/03/13)

後免駅に到着

後免ごめん

土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線との乗り換え駅。写真左側にごめん・なはり線のホームと駅のキャラクター「ごめん えきお君」のオブジェが建っている。土佐電鉄との後免町とはちょっと離れており、ごめん・なはり線で一駅分。(2007/05/01)

高知駅

高知こうち

高松より2時間あまりで太平洋側の四国南国の都市・高知に到着。市の中心部は駅前から出ている市電に乗ってはりまや橋に出たあたり。土讃線終点の窪川まではここからさらに1時間ほどかかる。(2007/05/01)

朝倉あさくら

土佐電鉄伊野線との乗換駅。駅を出て駅前の通りをまっすぐ進んだ先に土電の伊野駅前停留所がある。(2007/05/01)

伊野駅ホーム

伊野駅ホーム

土佐山田行きのディーゼルカーが下り列車との行き違い待ちをしていた。(1989/03/13)

写真はJR駅舎の隣にある土佐くろしお鉄道の緑色の立派な駅舎。JR中村線より路線を引き継いで開業した初日の様子で、駅前では祝賀会の準備が進められていた。ちなみに地元の中学生らしきブラスバンドが演奏していた曲は光GENJIの「スターライト」。この時窪川を訪れた我々は、この後南風2号で高知へと戻ったのであった。(1988/04/01)


[
先頭へ戻る]