↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
留萌本線関連リンク



     

留萌本線 深川-増毛 16.7km

留萌るもい

深川から峠を越え、日本海に面した場所に位置する留萌市街の真っ只中にある駅。路線上は末端区間にさしかかるが、むしろここからの方が沿線に人家が多く見られる印象があった。駅間距離もここまでよりも割と短めだった。(2008/08/24)

瀬越せごし

留萌市街の西のはずれ、日本海を望む位置にある駅。住宅地から国道を渡り、海に続く坂を降りていくと駅がある。もともと臨時駅という扱いだったが、JRになった時に通常駅に格上げ。ホームにある駅名標はJR北海道になった時にリニューアルされたとは思うが、それからはメンテナンスされてない感じで、枠が錆だらけになっていたのが寂しかった。(2008/08/24)

瀬越駅の背後は高台になっており、駅に続く坂の上から海が眺められる。(2008/08/24)

留萌駅から先回りして瀬越駅に移動し駅で待っていたら、留萌の街の高台からの坂を下りて列車がやってきた(写真右)。そして駅に到着(写真左)。(2008/08/24)

全天候型歩道橋

瀬越駅の近所で見かけた雪の日でも渡れそうな歩道橋。、国道231号線に架かっていた。(2008/08/24)

瀬越から礼受へ。

瀬越から礼受に向かって進む列車の車内より撮影。この間にさらにもうひと駅「白浜海水浴場前」という臨時駅が存在した時もあったのだが、その痕跡は見当たらなかった。(2008/08/24)

礼受れうけ

留萌の市街地を抜けた最初の駅。ここにも車掌車を再利用した待合室がある。(2008/08/24)

阿分あふん

留萌から増毛までの間に4つあった元「仮乗降場」シリーズの1駅目。学校の裏手にホームを構える駅。ホームは列車1両分の長さも無い。(2008/08/24)

車窓に広がる日本海の眺め。(2008/08/24)

信砂のぶしゃ

元・仮乗降場2駅目。こちらも簡素ではあるが、少し長めのホームを構えている。(2008/08/24)

舎熊しゃぐま

礼受駅同様、車掌車を転用した待合室(写真右)を持つ駅。(2008/08/24)

朱文別しゅもんべつ

旧・仮乗降場3駅目。国道231号線から山側に向かう道を入り、踏切を渡る手前にあった駅。小さいながらコンクリート製のホームを構える。(2008/08/24)

朱文別駅に列車到着

この状態で、ワンマン列車のため前のドアだけが開いた。(2008/08/24)

朱文別駅の待合室

小さな待合室を構えていた朱文別駅。待合室の中には、時刻表や運賃表、JRからのお知らせなどが貼られた掲示板(写真左)もあった。(2008/08/24)

箸別はしべつ

元・仮乗降場4駅目。板張りのホームの向こうに見える小屋がこの駅の待合室。折り返し列車の待ち時間が相当あったので増毛からここまでてくてく歩いてきたら、道端で遊んでいた小さな女の子に「どこからきたのー?」と声をかけられてしまった(笑)。(2008/08/24)

箸別駅ホーム全景。車両1両分もない長さでスロープ付きの板張りホームという、JR北海道・元仮乗降場の典型的な朝礼台スタイル。(2008/08/24)

箸別駅駅前(?)

写真中央の階段を上がっていった先に箸別駅のホームがある。階段脇に漁網が干されていて磯臭かった。(2008/08/24)

増毛-箸別間の国道231号線が留萌本線の上をクロスするあたり。カーブを描く留萌本線の先に日本海と箸別の街が見える。(2008/08/24)

増毛ましけ

留萌本線の終点は縁起(?)駅名。入場券はそれなりに御利益がありそうだが、ここは無人駅なので留萌駅で売っている。(2008/08/24)

増毛駅駅舎

増毛駅の駅舎。留萌以来の立派な駅舎があったが、駅員の姿は無かった。(2008/08/24)

広い原っぱの中に線路1本とホーム一つだけがぽつんとある、さみしさを誘う風景。(2008/08/24)


JR北海道・留萌本線