↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
留萌本線関連リンク



     

留萌本線 深川-留萌 50.1km

深川ふかがわ

函館本線と深川で接続。かつては札幌や旭川からの直通の急行列車も走っていたようだが、今は線内を普通列車が走るのみ。(2008/08/24)

北一已きたいちやん

起点の次に早速難読駅名が待ちかまえていた。しかも、さりげなく1997年に「きたいちゃん」→「きたいちやん」と駅名の読みが変更になっている。(2008/08/24)

北秩父別きたちっぷべつ

板張りのホームと待合室を備えた小さな駅。2つ隣の真布と共に、通過してしまう列車も何本かある。(2008/08/24)

石狩沼田いしかりぬまた

かつてはそれなりの賑わいを見せていたが今や過去の話……という雰囲気が伝わってくるような駅で、比較的大きな駅舎を構えているが今は単線にホーム片面しかなく、人の気配も無くてさみしさが漂っていた。かつてはここから札沼線が分岐していた。(2008/08/24)

1995年の石狩沼田駅

1995年に石狩沼田を訪れたときの駅前の写真。このときは滝川よりJRバスに乗り、石狩沼田駅前に到着した。(1995/07/24)

真布まっぷ

こちらも北秩父別同様、板張りのホームが特徴的な小さな駅。(2008/08/24)

恵比島えびしま

NHK朝の連続テレビ小説「すずらん」の舞台として利用されたようで、わざわざドラマ用に造られたらしい古いながらも風格をもった駅舎がある。駅舎の中にドラマのヒロインをモデルにしたと思われる等身大人形がいた。(2008/08/24)

カモフラージュされた貨車駅舎

ここももともとは北海道ではあちこちで見られる車掌車を転用した待合室しか無かったらしい。見事に板でカモフラージュされて、資材置き場か離れの小屋の様な雰囲気を醸し出していた。(2008/08/24)

明日萌駅駅名標

ドラマでは明日萌という駅名だったようだ。今は無き上砂川駅が「悲別」駅を名乗っていたのを思い出す。(2008/08/24)

ドラマ用に造られたと見られる古き良き時代を思わせる町並み。当たり前だが遠目から見ると、駅前だけ整い過ぎている感じは否めない。(2008/08/24)

かつての東幌糠駅ひがしほろぬか

かつて峠下と幌糠の途中にあった駅。国道と平行する場所にあったものの付近に人家がほとんど見当たらず、先に廃止になっていた桜庭駅の後を追うのでは……と思っていたらホントに無くなってしまった。今はどこにあるのか特定するのも難しい。(1995/07/24)

留萌るもい

深川から峠を越え、日本海に面した場所に位置する留萌市街の真っ只中にある駅。ここから増毛まで伸びていた区間は2016年12月に廃止となった。(2008/08/24)

1番線にて発車を待つ普通列車。(2008/08/24)

かつては羽幌線が分岐し、貨物ヤードもあって賑わっていたのだろうが、今はただ空き地が広がるのみで寂しい。(2008/08/24)

留萌駅から増毛側にある2つ並んだ鉄橋。一つはどこにつながっていたのか今はトマソン状態(2008/08/24)


JR北海道・留萌本線