↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
松前線関連リンク

【相互リンク】

松前線・その歴史と痕跡をたどる

denki.777さんによる、松前線についての歴史と痕跡を辿るサイトです。松前線の歴史や、廃止後の写真などが紹介されています。





     

松前線 木古内-松前 50.8km

木古内きこない

江差線と津軽海峡線が分岐していた駅だが、かつて松前線もこの駅から分岐していた。松前線現役時代に訪れた当時は函館より4両編成で木古内まで走り、木古内で江差行き後ろ2両を切り離して松前線へ向かって行くというダイヤだった。まだ国鉄だった1986年当時、津軽海峡線の高架線がほぼ出来上がっていたのを車窓から見かけた。

松前線の廃線跡

松前線廃止から9年経って、木古内から江差線へ向かう待ち時間の間に寄り道。結構駅から距離があるように思えたが、歩いて行ける程度だった。川を渡って踏切を過ぎ、江差線と海峡線が分離していた箇所で松前線跡も別れていた。(1997/04/28)

一面枯れ草で覆われている築堤は、海峡線との分岐部分はバラストだけになっていたものの、当時は途中からは線路も残されていた。小さなドブ川を越える所で橋桁が撤去され鉄線が張られていて、そこから先は進めなかったが、その先も遥か彼方まで線路は残されていたようであった。(1997/04/28)

渡島福島おしまふくしま

日没後に訪れた駅。駅の自動販売機に当時東京では見かけなかったファンタアップルを見つけ、大喜びしていた。日没後なので辺りは真っ暗でひっそりとしていたが、駅から少し歩くとやや賑やかな街の中心部に出た。青函トンネル記念館が駅の近くにあるが、既に閉館後だった。(1986/03/29)

残された橋脚

松前線の渡島大沢駅があった辺り、国道228号線を走行中に見かけた橋脚。廃止から20年以上経った今でもこれだけの大きな遺構が残っているとはちょっと驚き。国道から橋脚の袂を通る砂利道に入り、車を止めて撮影。(2013/07/21)

橋脚の延長線上には橋台や築堤の跡なども見える。(2013/07/21)

松前まつまえ

渡島吉岡から渡島大沢の間に横たわってる白神トンネルを越え、それまでは何処でも当たり前のように見られていたが、ほとんど見あたらなくなって松前着。廃止を控えたローカル線とは思えないそこそこの乗車率だった。(1986/03/29)

松前駅駅舎

松前線の終点だった松前駅駅舎。(1986/03/29)

2013年の松前駅跡

そして27年の月日を経て、松前駅のあった場所へ。上記の写真と大体同じ場所から撮影しているが、駅舎は跡形も無く、広々とした敷地には駅前にあった記念碑だけがぽつんと残されていた。(2013/07/21)

駅のあった広場の片隅に僅かに残るホームの跡(2013/07/21)

おそらく写真の手前から奥に向かって木古内方向へ松前線の線路が延びていたのだが、当時の写真と見比べてもどことどこが一致しているのかさっぱり分からない。(2013/07/21)

松前線が無くなった後に造られたと思われる、松前駅跡のホーム側から延びている道路の先に架かる橋。松前線もこの辺りを通っていたのだろうか。(2013/07/21)

松前城

旧松前駅から徒歩圏内にある松前城。城の中は松前城資料館となっている。(2013/07/21)

ちなみに1986年に訪問した時の松前城はこんな感じ。後から出来た鉄道が先に無くなっても変わらない佇まい。初めて見た時にはお城と言うにはちんまりとしているような印象を受けた。(1986/03/29)

お城の裏手にある松前神社(2013/07/21)

松前城から南東方向に車を走らせたところにある松前藩屋敷。藩政時代の松前の姿を再現。(2013/07/21)


JR北海道・松前線