↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
函館本線関連リンク



     

函館本線 七飯-森 35.7km

七飯ななえ

函館本線が二手に分かれる分岐点、七飯駅を出発。(2013/07/22)

藤城線を回る

下り専用線の「藤城線」に入る。次第に高度を上げ、新函館北斗経由の路線と離れていく。(2013/07/22)

そして新函館北斗経由の路線をまたいで東側へと進んでいく。(2013/07/22)

単線の高架線が続く。(2013/07/22)

七飯から大沼まで藤城線には途中一駅も無く、普通列車と言えどもずっと停まらずに単線の線路上をひたすら突き進んでいく。(2013/07/22)

鬱蒼とした山の中を走る区間。(2013/07/22)

少し高い位置から麓の方を見下ろす区間。(2013/07/22)

そして再び新函館北斗経由の路線と合流。今度は新函館北斗経由の路線の下を潜り抜ける。(2013/07/22)

新函館北斗経由の路線と並ぶと、間もなく大沼。(2013/07/22)

大沼おおぬま

二手に分かれた路線が合流し、大沼着。ここから再び駒ヶ岳と渡島砂原経由の二手に分かれる。(2013/07/22)

右に進むのが渡島砂原経由の路線。左手に曲がっていくのが駒ヶ岳経由の路線。(2013/07/22)

池田園いけだえん

渡島砂原経由の路線の最初の停車駅。(2013/07/22)

流山温泉ながれやまおんせん

2002年開業。JR北海道が開発した同名の温泉の最寄り駅。以前は駅前に新幹線の車両が展示されていたそうだが、現在は撤去されている。(2013/07/22)

流山温泉のワイルドな感じのロゴの駅名標。(2013/07/22)

銚子口ちょうしぐち

渡島砂原経由路線の最初の列車交換可能駅。かつてはここから、大沼電鉄と言う路線が分岐していた。(2013/07/22)

駅舎直結の上り線ホーム。(2013/07/22)

植林が行われて間もないと思われる地帯。(2013/07/22)

鹿部しかべ

島式のホーム上に待合室がある。(2013/07/22)

渡島沼尻おしまぬまじり

国鉄時代には客扱いはするが信号場としての扱いだった駅。下りホームは車両1両分しかないと思われる短さ。(2013/07/22)

上りホームの方はそこそこの長さがあった。(2013/07/22)

渡島砂原おしまさわら

駅員がいそうな駅舎を構えていたが、ここも無人駅。(2013/07/22)

掛澗かかりま

ホームから少し離れた所に待合室があった。(2013/07/22)

尾白内おしろない

貨車を改造して造った待合室がある。(2013/07/22)

東森ひがしもり

片面ホームの駅。周りは背の高い雑草で囲まれていた。(2013/07/22)

東森を出るとすぐ、駒ヶ岳経由の路線と合流する。(2013/07/22)

もり

二手に分かれた路線が再度合流し、森に到着。写真は駅の跨線橋から撮影。駅のすぐ隣は内浦湾の海が広がる。(2013/07/22)

跨線橋より、渡島砂原方面を見る。(2013/07/22)

森駅ホーム。普通列車のディーゼルカーが停車中。(2013/07/22)

割と小ぢんまりとしている駅改札口。(2013/07/22)


JR北海道・函館本線