↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
函館本線関連リンク

【訪問宿リンク】

スマイルホテル函館
スマイルホテル函館(函館駅)

JR函館駅や市電の函館駅前より歩いてすぐの所にあるホテルです。函館朝市もホテルから歩いてすぐの所にあるので、早朝からの朝市めぐりや列車移動には便利なホテルです。1階にはコインランドリーもありました。





     

函館本線 函館-森 49.5km

函館はこだて

函館で出発を待つスーパー北斗号。振り子式車両にものを言わせて、カーブにさしかかると露骨に車体を傾ける走りっぷりが魅力的。札幌までは途中室蘭本線と千歳線を経由して3時間ほど。写真右は函館駅の駅名標。出発の地というイメージが強いが札幌基準に番号をふられているため、ここは函館本線75番目の駅。(2013/07/21)

はこだてライナー

北海道新幹線開業と共に登場した新幹線連絡列車。新幹線は函館駅には乗り入れてこないので、ここから新函館北斗駅はこの列車がつなぐ。北海道新幹線のH5系と同じくラベンダーカラーの帯が車体に引かれている。編成が短く、車内にロングシートしかなく、新幹線は全席指定なのにこの列車は席にありつけないこともあるのが難点。(2016/07/19)

路線図

普通列車の車内掲げられていた道南エリアの路線図。新幹線・はこだてライナーなど新函館北斗に集結する一方で、さりげなく新函館北斗を避けていく普通列車も健在。(2016/07/18)

改札口

一箇所だけの改札口。列車の発車直前に改札口が開いて改札を行っていたのも今は昔。現在はここも自動改札になっている。(2013/07/21)

函館駅駅舎

初回訪問から20年の間が空き、前回とすっかり様変わりしていて驚いた函館駅の駅舎。駅から少し離れた大通りを市電が走る。駅の南側にある市場では朝市が繰り広げられていた。(2013/07/22)

1990年の函館駅駅舎

ちなみに1990年に訪問した時の函館駅はまだこんな地方のターミナルと言った雰囲気の駅だった。同じ場所にある駅とは思えない。(1990/08/16)

1995年に北海道を旅行した時に乗った北斗号。列車とホームの様子は今(2013年)とほとんど変わっていない。(1995/07/23)

急行ニセコ号

1986年に初めて北海道旅行をした時に札幌から函館まで乗った急行ニセコ号。札幌から長万部までは函館本線・倶知安を経由していた。今ではすっかり寂しくなった函館本線の小樽から倶知安までの間の路線だが、当時はまだ特急も急行も健在だった。(1986/03/30)

函館山

函館駅の南側には函館山がその姿を覗かせる。晴れている日は頂上までくっきりと見える。(2013/07/23)

函館を出発

函館と五稜郭の間に架かる陸橋から写した函館駅構内の景色。スーパー北斗が通過中。(1997/05/03)

五稜郭ごりょうかく

道南いさりび鉄道との分岐駅で、函館の隣の駅ながら特急列車はここにも停車する。(2013/07/22)

桔梗ききょう

乗り合わせた列車で「駅の名前が素敵」と言いつつ駅舎を写真に撮っているおばさんがいた。3年前の右の写真と比べ、駅舎がきれいになっている。(2016/07/19)

大中山おおなかやま

2013年12月に新しくなったという大中山駅の駅舎。(2016/07/19)

こちらは2013年7月訪問時の駅舎。建て替わる直前だったようで。(2013/07/22)

七飯ななえ

ここから函館本線は新函館北斗回りと「藤城線」経由の二方向に分かれる。(2013/07/22)

「藤城線」と分岐

ここまで複線だった線路が七飯を出て大沼まで別々の方向へと分かれる。写真左側に曲がっていくのは大沼方面行き専用の通称「藤城線」。札幌方面の特急列車は新幹線開業前は全て藤城線経由だったが、今は全て新函館北斗経由。逆に普通列車の方は新函館北斗を経由せずに藤城線の経由のまま残った列車がある。(2013/07/22)

一旦左手に別れて行った藤城線は、その先で新函館北斗経由の線路の上を通り過ぎて、写真右手の方に消えていく。(2013/07/22)

そして藤城線の高架線が遠ざかっていく。今となっては新幹線と勘違いしそうにも思える。(2016/07/19)

新幹線登場

七飯駅近辺で西側から近づいてくる北海道新幹線。七飯と新函館北斗の間で函館本線との間に車両基地を展開。(2016/07/18)

車両基地を過ぎると新幹線の高架線が近づき、大きく右手にカーブを描いて新函館北斗へ。(2016/07/18)

工事中だったころ。

2013年に旅行をした時、まだ新幹線が工事中だった頃の様子。遠くに新幹線の高架線と整備中の広大な土地が見えていた。ここが北海道新幹線の車両基地になった。(2013/07/22)

2つ上の写真とほぼ同じ場所を撮影。このあたりの高架線はかなり出来上がっていたが、新幹線も函館本線も架線柱などがまだ無くてすっきりとした感じだった。(2013/07/22)

新函館北斗しんはこだてほくと

街を抜け、周りの景色がのどかになりかけた辺りで突如現れる新幹線との乗換駅。新幹線開業前は通過していた特急も、すべて停車するようになった。(2016/07/17)

新函館北斗に到着したはこだてライナー。新幹線と函館本線は同じ高さにホームがあり、1番線と2番線のホームからは階段を利用せずに新幹線ホームに行くことができる。はこだてライナーはこの駅どまりで電化区間もここまで。(2016/07/19)

跨線橋から見下ろす函館本線のホーム。(2016/07/17)

新函館北斗駅の北口の様子。南口に比べると小ぶりな感じ。(2016/07/17)

写真は前後するが、七飯側から見た新函館北斗駅の様子。一番左に新幹線ホームが見え、同じく左側にある線路が1番線。正面の線路は2-4番線に枝分かれてしていく。(2016/07/18)

渡島大野駅時代おしまおおの

2013年訪問時の渡島大野駅だった時の写真。この時はまだ新幹線の駅は影も形も無かった。上の写真とほぼ同じ場所からの撮影のはずだが、様変わりしすぎていてもはや同じ駅とは思えない(笑)。新幹線開業前は至って地味なローカル駅だった。(2013/07/22)

仁山にやま

新幹線との乗換駅を過ぎてすぐ山越え。次の仁山はかつては「客扱いをする信号場」として存在していた。スイッチバック用の引込み線が残っていた。(2013/07/22)

板張りの小さなホームの先には村役場のような駅舎が建っている。(2013/07/22)

仁山駅を通過する札幌行きの特急列車。新幹線開業前は下りの特急列車は藤城線経由で、そもそもここを通らなかった。(2016/07/18)

仁山を出て山越えが終わると、七飯で分かれていた藤城線の線路が合流する。そしてまもなく大沼へ。(2016/07/18)

大沼おおぬま

七飯で別れた「藤城線」と合流して大沼に到着。そしてこの先再び、駒ヶ岳回りと渡島砂原回りの二方向に分かれるのであった。(2013/07/22)

ここまでたどってきた仁山方面の路線。(2013/07/22)

駅構内の様子。青い屋根の駅舎が建つ。(2013/07/22)

大沼を発車。渡島砂原経由の路線が再び分かれていく。(2013/07/22)

1986年訪問時の大沼駅

1986年の3月の早朝、普通列車で大沼駅を訪れた時の写真。当時この列車は大沼駅で30分近くも停車。その間に駅舎の撮影をしたり、運転士さんと雑談をしたりして過ごしていた。(1986/03/28)

広々としていた大沼駅の駅前。駅舎は今と変わっていないような気がする。(1986/03/28)

大沼公園おおぬまこうえん

大沼駅とは1キロしか離れていない位置関係だが、国定公園の大沼公園への最寄り駅のため、特急列車はこちらの駅に停車する。(2016/07/17)

本線の線路とホームは1本だけ。使っているのか、本線の外側にもう1本側線の線路がある。(2016/07/17)

駅の改札口付近。駅員も配置されている。(2013/07/22)

大沼公園駅駅舎

レトロな雰囲気を醸し出している大沼公園駅の駅舎。(2016/07/18)

大沼公園駅を出て、早速車窓に広がる大沼の眺め。(2013/07/22)

赤井川あかいがわ

上下列車の交換可能な無人駅。(2013/07/22)

駒ヶ岳こまがたけ

大沼辺りから車窓に広がる駒ヶ岳の名前をそのまま駅名に。駒ヶ岳登山の下車駅。(2013/07/22)

東山ひがしやま

利用客減少により2017年3月にお隣の姫川駅とともに廃止。駒ヶ岳駅を出て、くねくね曲がりながら山道を進むと到着する駅。枕木を繋ぎ合わせて造られたホームが印象的だった。(2013/07/22)

辺りは木が生い茂り、一瞬どこからホームの外に出られるのか分からなくなりそうな駅だが、ホームの姫川方面側に階段があり、その先未舗装の小道が続いていた。(2013/07/22)

東山仮乗降場

1986年初回訪問時の東山駅。国鉄だった当時は仮乗降場だったので全国版の時刻表には載っていない駅だった。2013年のほぼ同じ位置から撮影した写真と見比べて、駅の背後の防風林がまだ苗木の状態だった事が分かる。(1986/03/28)

姫川信号場ひめかわ

信号場時代から旅客も扱っておりJR発足とともに駅に昇格。その後利用客減少のため2017年3月に駅としては廃止となり、再び信号場に戻った。上下列車の交換設備があり、駅舎直結の上り線ホームはえらく短かった。(2013/07/22)

大沼で別れた渡島砂原経由の線路が再び近づいてくると、間もなく森駅。(2013/07/22)

もり

大沼から二手に分かれた路線が再び合流。駅弁のいかめしで名前が知られている駅。(2013/07/22)

森駅跨線橋から長万部方面を撮影。駅のすぐそばまで内浦湾の海が迫る。(2013/07/22)

森駅駅舎を撮影。(2013/07/22)

1986年の森駅ホーム

1986年の森駅ホーム。大沼から来たディーゼルカーがホームに停車中。(1986/03/28)


JR北海道・函館本線