JR東日本・横須賀線(東京-久里浜) - ROOM-P「のりてつウェブ」
↓左側の路線名は横須賀線を走る列車の路線です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
横須賀線関連リンク



横須賀線 東京-久里浜 70.4km

東京とうきょう 【JO19:TYO】

横須賀線の列車は地下ホームからの発車。以前は地上のホームから発着していたが、総武線快速との直通運転を機会に地下に潜った。東京から品川までは、完成当初は総武線快速の延長区間だった路線上を走る。(2007/05/26)

新橋しんばし 【JO18:SMB】

新橋地下ホーム入口。かつては東京駅地下ホームへの階段の上にもあったステンドグラスの装飾が取り付けられていた。(2009/04/12)

品川しながわ 【JO17:SGW】

東海道新幹線の隣が横須賀線のホーム。以前は1面だけだったホームが増設されて折り返し用の線が出来上がり、総武線が横須賀線に直通する前に存在した「品川行き」が復活。(2009/05/19)

113系

1999年の品川駅。この頃はまだ113系の列車が活躍していた。(1999/10/24)

京浜東北線と併走

品川駅の前後は新幹線・京浜急行も含め6組の複線が並ぶ区間。しばしば他の路線の列車と並んで走る光景が見られる。(2009/05/23)

湘南新宿ライン 大崎-逗子 50.1km

西大井にしおおい 【JO16】

西大井の手前で湘南新宿ラインの線路と合流する。以前は横須賀線の青色の電車も新宿駅へ乗り入れていたが、現在は湘南新宿ラインの電車は全て湘南色。(2018/04/18)

上空は東海道新幹線

武蔵小杉方面。上空を走るのは東海道新幹線。東海道新幹線は西大井付近では横須賀線の頭上を通り、武蔵小杉付近で横須賀線の横を並走する。(2018/04/18)

西大井駅駅舎

夕暮れ時の西大井駅駅舎(2018/04/18)

武蔵小杉むさしこすぎ 【JO15:MKG】

2010年3月13日開業。湘南新宿ラインの東急東横線対抗策のような気がするが、ただでさえ迂回している横須賀線なのに千葉から横浜がますます遠くなりそう(笑)。普通列車から特急列車まであらゆる列車が停車する、JR東日本期待の(?)駅。本家南武線の駅とは330メートルほどの通路でつながっており、時間にして10分くらい歩かされる。写真の駅名標は2018年4月に撮影したもの。(2010/03/13)

成田エクスプレスも停車

普通列車から特急に至るまであらゆる種別の列車が停まる武蔵小杉駅。成田エクスプレスもカーブを描くホームに停車。(2010/03/13)

新南口

横須賀線の駅開業と共に設けられた出口。ここからだと南武線は向河原駅の方が近いみたいで、NECの事業所を横目に東へ300メートルほど歩いていったところに向河原駅がある。(2010/03/13)

新川崎しんかわさき 【JO14】

貨物駅の隣にあり、すぐそばを電気機関車が走る姿が見られる。乗り換え駅には指定されていないが、南武線の鹿島田駅が近い。(2009/05/23)

横浜よこはま 【JO13:YHM】

湘南新宿ラインの列車も発着する横須賀線ホーム。東京方面の次の駅は新川崎と恵比寿の2駅表示。(2002/01/04)

保土ヶ谷ほどがや 【JO12】
東戸塚ひがしとつか 【JO11】

戸塚とつか 【JO10:TTK】

線路配置が換わって同じ方向の東海道線とホームを共用。くしくも東海道線列車とほぼ同時に駅を出て、大船まで並んで走るの図。(2009/05/23)

戸塚駅の番線案内

横須賀線と東海道線の路線名が並ぶ戸塚駅の番線案内。湘南新宿ラインはここでも横須賀線ホームからの発車。(2009/05/23)

大船おおふな 【JO09:OFN】

意外とカーブのきつい大船駅ホーム。ここで長らく併走していた東海道線とは別れ、単独の路線区間へと入る。「戸籍上」の横須賀線はようやくここから始まる。(2013/06/28)

横浜方面の列車の行き先と停車駅が一目で分かる発車案内版。横須賀線と東海道線と湘南新宿ラインが入り乱れている。今ではここでの東京行きがさらに、上野東京ラインの開業により籠原行きとか小金井行きに代わっているはず。(2013/06/28)

北鎌倉きたかまくら

鎌倉かまくら 【JO07】

付近一帯は多くのお寺や神社が点在し、休日は観光客で賑わう。鎌倉大仏や江ノ島への足となる江ノ電の乗り換え駅。(2009/05/23)

鶴岡八幡宮

鎌倉駅から徒歩。駅前から真っすぐ続く参道を歩いて到着。武家源氏、鎌倉武士の守護神で国の史跡に指定されているらしい。舞伝は結婚式の場所としても使われていて、この日友人の結婚式の様子を見に高校以来久しぶりにここを訪れた。(2009/05/23)

逗子ずし 【JO06】

路線の一区切りとなる駅で、この駅止まりの電車が多く湘南新宿ラインもここまでの乗り入れ。昼間はここから久里浜での間はグリーン車無しの短編成の列車が折り返し運転をする区間となる。(2003/04/26)

逗子駅ホームに停まる横須賀線の列車。(2003/04/26)

田浦たうら 【JO04】

海上自衛隊の施設が近くにあり、駅から港に向けて貨物輸送に使われていたと思われる引込線の廃線が延びている。(2007/08/10)

ホームに収まらない車両

山と山の間に挟まれた所に駅がありホームの延長が思うように出来ず、長い編成の列車は一部の車両がこんな感じでトンネルの中に入ってしまう。(2007/08/10)

貨物線の廃線

田浦駅の海側に展開される貨物線の跡。道端に使われなくなった線路が放置されているシュールな光景を見ることが出来る。(2007/08/10)

引込線同士が直角に交わる珍しい光景もさりげなく存在する。(2007/08/10)

横須賀よこすか 【JO03】

港には近いが、市街地からは離れた場所に駅を構える。駅の入口からホームまで全く階段が無いバリアフリーな構造なのが特徴的。(2010/03/21)

改札口

改札口の向こうにはすぐホームが広がっている。(2010/03/21)

横須賀駅ホーム

右側の2番線は横須賀駅折り返し列車用の行き止まりホーム。久里浜発着の列車は上りも下りも左側の3番線を利用。(2010/03/21)

この先は単線です。

横須賀を出てすぐトンネルがあり、その先は線路が1本になる。久里浜まであと2駅だけではあるが単線なのだ。(2010/03/21)

久里浜方面につながっている3番線は上り・下りのどちらの列車も発着。乗り間違えに要注意の駅。(2010/03/21)

衣笠きぬがさ 【JO02】

単線区間唯一の駅。ちょうど上り列車と交換。併走する京浜急行からは一旦離れる。(2010/03/21)

久里浜くりはま 【JO01】

東京から70kmあまりを走り続けて終点に到着。目の前に駅を構える京浜急行は三浦半島のもう少し先・三崎口まで足を延ばしている。(2010/03/21)

駅のもう少し先まで線路が続いている。(2010/03/21)

久里浜駅の西側に広がる留置線。その脇にJR運転訓練センターもあり、もとは通勤電車として走っていたと思われる訓練用の車両が休んでいた。(2010/03/21)

久里浜駅ホーム

京急久里浜駅と比べるとちょっと淋しい久里浜駅前。(2010/03/21)


横須賀線 JR東日本