↓右側の路線名は内房線と同じ線路を走る列車の路線名です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
内房線関連リンク



     

内房線 千葉-安房鴨川 123.2km

外房線 千葉-蘇我 3.8km

千葉ちば

内房線の戸籍上の起点は蘇我でも、蘇我発着という列車は1本も無い。普通列車は千葉駅始発、快速は総武線か京葉線から乗り入れている。千葉駅は3、4番線が内房線の発車番線。普通列車は元・京浜東北線の209系2100番台が使われている。(2016/11/19)

新駅舎オープン

長らくの工事から一部完成した千葉駅新駅舎のオープン初日の様子。今まで1階だったコンコースが3階に上がって千葉都市モノレールの駅とも直結。駅の様子が一変してしまった。(2016/11/20)

ホームに降りるエレベータの上に掲げられている番線案内とLEDの発車案内。遠くでも見えるようになのか、とにかく大きいのが印象的。(2016/11/20)

一時期普通列車に使われていた211系3000番台の列車。今は姿を消してしまった。(2008/05/31)

特急さざなみ号

今はこの車両も使われなくなった。東京行きさざなみ号は蘇我から京葉線を回るので千葉にはやってこないが、新宿行きの列車だけ千葉に顔を出すようになっている。(2008/05/31)

内・外房線ホーム

総武線各駅停車のホームから見た内房線と外房線のホーム。千葉駅は構造上、下り側が二股に別れる形になっている。写真に写っているのはこれまた今は千葉から引退した113系。(2008/05/31)

蘇我そが

かつては快速も停まらなかった駅が京葉線開通、特急停車、ショッピングモール「Dila」の開業を経て次第にパワーアップ。ジェフ千葉の本拠地となってからは駅のデコレーションのジェフ化が進み、駅の発車音楽は全てジェフ千葉のオフィシャルソングとなっている。個人的には学生時代、長距離切符を買う時に窓口の職員さんが親切だった思い出がある。(2016/03/06)

ホームへの階段の上に取り付けられているジェフィとユニティのパネル。(2008/03/15)

浜野はまの

千葉市中央区にありながら何処と無く閑散とした雰囲気がぬぐえなかった浜野駅も2009年から快速が停車。気がつけば以前よりもずいぶん周りに住宅が増えたような気がする。(2009/05/10)

八幡宿やわたじゅく

ここから市原市。今はほとんど各駅停車になってしまった快速だが、早くから市原市内3駅にはきっちり停車していた。(2008/05/31)

ホームに停車中の今は姿を消した211系の普通列車。(2007/08/17)

お座敷列車の展望席から見た八幡宿駅。(2017/04/30)

八幡宿から五井にかけての直線区間を突っ走る普通列車。(2001/11/04)

同じ区間を走る快速列車。快速列車と言っても内房線内の通過駅は巖根だけ。(2001/11/04)

そして上の写真の快速列車とともに、今の内房線の主役となっている209系普通列車。(2016/05/15)

SL内房100周年記念号

内房線100周年を記念して2012年2月に内房線を走ったSL。沿線はSL見物&撮影の人たちで賑わっていた。SLが通過した後の煙がすごかったこと。この2時間ほど前に通過した上り列車は、ディーゼル機関車が先頭車両でSLは最後尾で引っ張られていくというスタイルの運転だった。(2012/02/11)

五井ごい

市原市の代表駅でありつつ駅名は市原でない。小湊鉄道の分岐駅で内房線とやや離れたホームからディーゼルカーが発車している。(2009/07/04)

姉ヶ崎あねがさき

2面4線のホームを持ち、列車の退避や折り返しが可能な駅。わずかだがこの駅どまりの列車も存在する。(2016/08/12)

夕焼けに染まる京葉臨海工業地域の風景。(2017/04/30)

長浦ながうら

平日朝の長浦駅。上り線に京葉線通勤快速の東京行きが停まっている。(2016/08/12)

袖ヶ浦そでがうら

東京ドイツ村に遊びに行くときに下車。駅の隣に大きなショッピングセンターが建設予定だったが、訪問時はまだ更地だった。(2016/04/30)

袖ヶ浦駅の駅舎。写真がちょっとピンボケ。(2016/04/30)

巖根いわね

内房線では珍しい対向式ホームの駅。総武線快速が内房線内で唯一通過するが、かつては長浦や袖ヶ浦は通過するのに巖根には停車するという快速が存在していたこともあった。なお、京葉線の快速列車は停車する。(2016/08/12)

木更津きさらづ

かつては東京近郊区間の末端の駅で、この駅止まりの快速列車や普通列車が多かった。今はほとんどがお隣の君津まで運転している。久留里線ここから分岐している。写真は2015年3月から2017年まで走っていた特別快速列車で、館山行きだが木更津から先の館山まで行くのは15両のうちの4両だけ。(2015/05/01)

君津へ向かう特別快速列車の最後尾から撮影。切り離された11両の方の車両が、留置線に停まっている。(2015/05/01)

木更津駅駅舎

木更津駅の駅舎。木更津駅は「証城寺の狸ばやし」で有名な証城寺の最寄り駅で、駅前には狸が逆立ちした「きぬたくん」の像があった。(2016/08/12)

2000年の木更津駅

2000年訪問当時の木更津駅。特急さざなみ号はまだ183系で運転されていた。(2000/11/25)

君津きみつ

一部を除き快速列車全てと普通列車の多くはこの駅止まり。ここから先は線路も単線となり、通勤路線からローカル線へと雰囲気が一変する。(2015/05/01)

青堀あおほり

青堀駅通過中の列車の最後尾から撮影。駅は屋根なし島式ホームと駅舎が跨線橋でつながっているというスタイル。(2015/05/01)

大貫おおぬき

下り列車待ち合わせのため停車中の上り列車を撮影。(2015/05/01)

大貫駅の駅舎(2017/04/30)

東京湾観音

列車の車内から見える観音像。富津市にあり、高さは56メートルある。(2017/04/30)

佐貫町さぬきまち

マザー牧場への最寄り駅で、駅前よりマザー牧場行きのバスが発車待ちをしていた。特別快速列車は君津の次にこの駅に停車していた。(2015/05/01)

こちらは千葉行きの上り普通列車。(2015/05/01)

佐貫町駅改札。駅員配置駅で、改札口には簡易Suicaが設置されていた。(2015/05/01)

対向列車待ちのため少しの間停車したお座敷列車「ゆう」。ホームに出て夕暮れ時の風景を撮影。(2017/04/30)

上総湊かずさみなと

朝の京葉線経由の通勤快速列車がここまで乗り入れてくる。(2015/09/22)

上総湊駅を出て湊川を渡る手前で見かけた橋脚の跡。橋をかけ替えた名残だろうか。(2017/04/30)

湊川

湊川を渡る。すぐそばに河口と海が見える。(2017/04/30)

竹岡たけおか

このあたりからさらに景色がのどかになる。竹岡は対向式ホームの駅。写真右は下り線の方のホーム。(2017/04/30)

竹岡から浜金谷の間で、西側の車窓いっぱいにの景色が広がる。(2015/09/22)

浜金谷はまかなや

鋸山と東京湾フェリーの出る金谷港の最寄り駅。(2015/09/22)

休日に運転される新宿発のさざなみ号。平日はお客を車に取られて特急列車が全滅してしまったが、休日の特急列車からは多くの観光客が降りた。(2015/09/22)

浜金谷駅駅舎

浜金谷駅の駅舎。(2015/09/22)

内房線に来たあずさ号

ここから手持ち写真の関係上、ここからちょくちょく白黒写真が登場します。写真は1989年に内房線内を走っていた松本と館山を結ぶあずさ号。夏季限定の運転だったが、直通利用客がどれだけいたかは謎だ。(1989/08/07)

鋸山ロープウェイ

浜金谷から1キロくらいの所にある、鋸山に上るロープウェイ乗り場。(2015/09/22)

金谷港と東京湾フェリー

東京湾を横断し、浜金谷と久里浜を結ぶフェリー。(2015/09/22)

保田ほた

保田駅駅舎とホーム。(2017/04/30)

車窓からを眺めることができた。(2017/04/30)

安房勝山あわかつやま

ホーム片面・1線のみの駅。かつてはほかの駅と同様に2番線まであったと思われるが、駅舎に近い方の線路が撤去されており、ホームから階段を降りてまっすぐ駅舎に行ける構造になっていた。(2017/04/30)

お座敷列車の展望席よりみた安房勝山駅。まっすぐなホームの片側は防護柵が続いている。(2017/04/30)

岩井いわい

お隣の冨浦駅と同様、南房総市に所属する。(2017/04/30)

冨浦とみうら

2つ突き出た形の屋根が特徴的な駅舎。1995年に建て替えられたらしい。(2017/04/30)

那古船形なこふなかた

ここから館山市。駅前から館山市街地や館山駅を結ぶバスも出ている。(2017/04/30)

平久里川

那古船形と館山の間で渡る川。(2017/04/30)

館山駅到着の手前で車両基地を通過。この時は折り返しのお座敷臨時列車の「ゆう」が待機していた。(2017/04/30)

車両基地からの引き込み線が合流し(写真手前)、再度線路が分岐するとまもなく館山。(2017/04/30)

館山たてやま

館山市の中心駅。ここから市内バスや南房総への観光路線バスが発車する。特急さざなみ号の終点の駅であったが、今は定期の特急列車も特別快速列車も無くなってしまい寂しい限り。(2017/04/30)

それでも行楽シーズンには臨時列車が何本か設定される。写真は2017年に運行されたお座敷列車の「ゆう」。(2017/04/30)

館山駅駅舎

館山駅の駅舎。(2017/04/30)

1989年の館山駅

1898年、夏真っ盛りの頃に訪れた館山駅駅舎。この頃は内房線には夏の海水浴客輸送向け特別ダイヤ「夏ダイヤ」というものがあった。(1989/08/07)

快速青い海号

夏ダイヤが存在していたころに走っていた快速青い海号。木更津からほぼ各駅停車だったが、ヘッドマークも誇らしげに館山まで延長運転を行っていた。(1989/08/07)

江見えみ

千倉からは太平洋側を走り、地域的にはもはや「外房」ではあるが、路線としてはまだ内房線。そんな区間にある素朴なローカル駅という雰囲気だが、この駅のそばに13階建てのマンションがあったのにはびっくり。(1989/08/07)

安房鴨川あわかもがわ

内房線・外房線の終点ではあるが駅の両側へ両線の単線が延びているので、2つの路線の終着駅というよりは中間駅としか思えない。昔は安房鴨川を通り抜ける直通列車が存在していたのだが、今はたまに臨時で走る程度。(2011/07/30)

安房鴨川駅駅舎

海側に出口のある安房鴨川駅。山側に出来たショッピングセンターへはすぐそばにある陸橋を渡っていく。(2011/07/30)

1989年の安房鴨川駅

1989年訪問当時の安房鴨川駅駅舎。(1989/08/07)


JR東日本・内房線