JR東日本東北本線

(仙台-盛岡 183.5km)

仙台からさらに北上。第3セクター化されて短くなった路線の終点・盛岡までの区間です。新幹線と平行していて地味な区間ですが、西へ東へ多くの支線が分岐して行きます。

仙台-盛岡 183.5km

 

関連路線 仙石東北ライン
 

シーライングラシア号

1992年の東北旅行の際に乗車した、リゾート列車の「シーライングラシア」号。仙台より石巻線・気仙沼線を経由し、気仙沼駅を結んでいた。(1992/08/05)

 

車内はこのような感じ。座席の配置が独特だった。(1992/08/05)

 

東仙台ひがしせんだい

対向式ホームのように見えて、右側のホームは3番線がある。ただし3番線は旅客扱いには使われずに転落防止の策がある。(2015/12/26)

 

岩切いわきり

利府支線が分岐。利府支線のホームは写真の左側にある。(2015/12/26)

 

陸前山王りくぜんさんのう

写真右手の方に貨物線の敷地が広がる。貨物専用鉄道の仙台臨海鉄道がここを起点としている。(2015/12/26)

 

国分多賀城こくぶたかじょう

2001年9月開業。カーブ上にホームがある。(2015/12/26)

 
 
 
 

一ノ関いちのせき

一ノ関駅駅名標

大船渡線が分岐。東北新幹線もこの駅に停まる。(2015/12/26)

 

一ノ関駅駅舎

年末に訪れたら駅前はイルミネーションで飾られていた。(2015/12/26)

 

2003年の一ノ関駅

駅構内に電車が1両だけ留置されていた。(2003/06/15)

 

北上きたかみ

 

花巻はなまき

1988年に訪問したときの花巻駅。(1988/08/20)

 

盛岡もりおか

盛岡駅入場券

ここから先、さらに路線は北上するがJRの東北本線は今はここまで。かつて東北本線だった青森までの区間は第3セクター化され、IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道が路線を引き継いでいる。(1988/08/21)

 

はつかり号

東北新幹線がまだ盛岡止まりだった頃、盛岡と青森の連絡に活躍していたはつかり号。の中、583系の電車が発車待ちをしていた。(1997/02/08)

東北本線関連リンク





[
先頭へ戻る]