JR東日本水郡線

(水戸-郡山 142.4km)

愛称名は「奥久慈清流ライン」。水戸からほぼ北上する形で、郡山までを結んでいます。
水郡線

水戸-安積永盛 137.5km

東北本線

安積永盛-郡山 4.9km

 

Suicaの案内

水郡線のSuicaの利用案内。利用できるのは主要駅に限られる、Suica定期券は発行しないなど、やや変則的。(2014/11/01)

 

水郡線の路線図

水郡線列車ドア上に掲げられている路線図。駅の数は結構多い。(2014/11/01)

 

水戸を出発

左に曲がるのは水郡線で右は常磐線の線路。駅を出た直後にすぐ本線と別れる線路形態は珍しい。(2014/11/01)

 

次の駅に向かう前に那珂川を渡る。(2014/11/01)

 

常陸青柳ひたちあおやぎ

水戸の次の駅で、早速対向列車とすれ違い。(2014/11/01)

 

常陸津田ひたちつだ

隣の常陸青柳とこの2駅はひたちなか市所属の駅。ホームは片面1線のみ。(2014/11/01)

 

後台ごだい

後台駅

ここから那珂市へ。再びホームは片面1線のみ。(2014/11/01)

 

下菅谷しもすがや

そして上中下が揃った菅谷駅に3駅連続停車。まずは「下」から。交換可能駅で対向列車とすれ違い。(2014/11/01)

 

中菅谷なかすがや

(2014/11/01)

 

上菅谷かみすがや

上菅谷駅駅名標

常陸太田方面に向かう支線と、郡山に向かう本線との分岐駅。水戸駅から常陸太田に直通する列車も存在する。(2014/11/01)

 

ホームは2面3線。雨の中、水戸行きの列車が到着。(2014/11/01)

 

ホームから改札口へは構内踏切を横断して向かう。(2014/11/01)

 

1992年訪問時の駅舎。当時は瓦屋根の駅舎だった。今の駅舎は2014年から使用開始とのことで、この駅舎も2014年11月の訪問の直前まで残っていたことになる。(1992/08/07)

 

常陸大子ひたちだいご

1991年訪問当時、列車の乗り換え待ち時間中に撮影。当時の水郡線は全列車が常陸大子で乗り換えとなるようにダイヤが組まれていた。今とは車両が全く異なるが、車体が派手な塗り分けになっているのは今に通じるものがある。(1991/04/03)

 

矢祭山やまつりやま

ここより茨城県から福島県へと入る。駅のすぐそばに渓谷や吊り橋、土産物屋などがあり、1992年の訪問時にこの駅で途中下車して付近の観光に出かけた時の写真。(1992/08/07)

 

久慈川

水郡線と並行して流れる久慈川を渡る派手な車体の2両のディーゼルカー。(1992/08/07)

 

あゆのつり橋

久慈川に架かる真っ赤な釣橋。1992年訪問当時の渡橋料は100円だった。対岸では川で水遊びをする家族連れなどの姿が見られた。橋を渡った奥には夢想滝という名前の滝がある。(1992/08/07)

 

夢想滝

あゆのつり橋を渡り、橋から続く遊歩道をひたすら歩いていった先にあった小さな滝。滝に向かう道の途中で、「おりこうさん」「勉強さん」という石像があった。勉強さんのほうは真剣にお祈りすると学業の望みをかなえてくれるらしい。(1992/08/07)

 

磐城石井いわきいしい

対向列車の待ち時間が結構あったので、駅の外まで出かけて駅舎を撮った時の写真。(1992/08/07)

 
 
水郡線関連リンク





[
先頭へ戻る]