↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
外房線関連リンク




外房線 千葉-安房鴨川 93.3km

千葉ちば

房総方面の各路線が集まる千葉駅が外房線の起点。5・6番線ホームが外房線発車ホームになっている。特急わかしお号は京葉線経由なので千葉には乗り入れてこないが、土曜・休日運転の「新宿わかしお号」が昔ながらの総武線経由で千葉にもやって来る。(2008/05/31)

普通列車は今はすっかり209系2100番台に変わった。京浜東北線出身だが車内はクロスシートやトイレの設備がある。(2010/04/18)

本千葉ほんちば

2010年より快速列車も停まるようになった千葉県庁の最寄り駅。快速グリーン車の2階からホームを撮影。(2011/02/28)

蘇我そが

京葉線と合流。この先房総方面は外房線と内房線の二手に分かれる。両線が再び合流するのは終点の安房鴨川。(2011/07/30)

一時期勢力を伸ばしつつあった211系の普通列車。最近は京浜東北線から流れてきた209系に勢力を奪われつつある。一部ながら209系にはボックスシートがあり、211系はロングシートだけなのが何とも不思議ではあった。(2009/10/10)

蘇我駅にいた時に偶然見かけたなのはな号を撮ったときの写真。(1998/08/15)

房総各線で当たり前のように走っていた113系がいつの間にか風前の灯となっていた。2011年8月末で引退だなんてにわかに信じがたい。(1998/08/15)

大網おおあみ

東金線のホームから見た外房線大網駅ホームと駅舎の一部。大網駅で外房線と成東方面に向かう東金線に別れる。外房線から東金線に直通する列車もあり、京葉線の通勤快速も一部の車両が東金線へと乗り入れていく。(1999/08/14)

外房線大網駅ホームの駅名標。(2011/07/30)

茂原もばら

茂原駅は高架線上にある駅。2面4線のホームを構える。(2011/07/30)

上総一ノ宮かずさいちのみや

特急列車でここまで乗っても結構乗りでがあるが、東京から直通してくる総武線快速全てと京葉線の快速列車の大半がここまで直通運転する。かつて総武線快速は大原、勝浦行きもあったが今は全て上総一ノ宮止まり。(2011/07/30)

1番線ホームは改札口直結のスタイル。(2011/07/30)

太東たいとう

時は遡って2001年、なのはな号を利用したブライダルトレインに乗って新郎新婦のゆかりの地でもある太東駅でセレモニーのため降り立った時の写真。(2001/06/30)

ブライダルトレインを別の角度からパチリ。(2001/06/30)

大原おおはら

いすみ鉄道との乗り換え駅。かつて総武線快速はここまで乗り入れていた。(2011/07/30)

大原駅駅舎

大原駅の駅舎。写真向かって左隣にいすみ鉄道の駅舎がある。(2011/07/30)

御宿おんじゅく

このあたりから観光地色がぐっと強まり、沿線にはリゾートホテルなども現れ始める。(2011/07/30)

勝浦かつうら

2面3線の駅。1日1往復だけ、京葉線の通勤快速(休日は快速)がここまで乗り入れてくる。果たしてここから東京まで通勤する人はいるのだろうか。(2011/07/30)

太東でセレモニーを行ったブライダルトレインが勝浦に到着した時の写真。(2001/06/30)

ホテル三日月

CMで時々見かけるホテル三日月は勝浦駅を出ると海側の方に見える。(2011/07/30)

そして車窓にが広がるのも勝浦駅を出た後から。(2011/07/30)

上総興津かずさおきつ

上総興津停車中の新宿わかしお号。下り線ホームの隣に沿線の景色に不釣合いな高層マンションが建っていた。(2011/07/30)

行川アイランドなめがわあいらんど

1970年に臨時乗降場として開業。単線の線路上にホーム1本と待合室だけが設置されている駅。その名前のとおり行川アイランドの最寄り駅だったが肝心の行川アイランドは2001年に閉園。そのため軒並み特急停車駅となっている勝浦-安房鴨川間にあって、普通列車に化ける列車を除き唯一特急列車が停まらない駅となっている。(2011/07/30)

行川アイランド跡

閉園となった行川アイランドの跡は下り列車だと駅に着く手前で海側に見ることが出来る。(2011/07/30)

安房小湊あわこみなと

小湊鉄道の小湊はこの地名を指しており、本来ここまでの路線として計画されていたのであった。なぜ小湊鉄道の目指す先をここに選んだのかは謎である。(2011/07/30)

安房天津あわあまつ

駅舎に併設されていたコミュニティセンターでお祭りの準備が行われていた。(2011/07/30)

安房鴨川あわかもがわ

まだ房総半島の「外房」と呼ばれる部分を回りきれていない気がするが、内房線と再び出会うこの駅が外房線の終点。千葉・蘇我へは内・外房どちら回りでも出ることが出来るが、距離が短い上に特急列車が走っている外房線のほうが圧倒的に便利。内房線の方は普通列車の本数も少ないほとんど地方ローカル線状態。(2011/07/30)

改札口直結の1番線は特急列車発車用ホームになっていた。(2011/07/30)

ただしこの日の特急新宿わかしお号は、特急の発車が短時間で連続していたためか2番線からの発車だった。(2011/07/30)

2番線と3番線は内房線と外房線の普通列車発車用ホーム。真逆に列車は出発するが、行き先はどちらも千葉行き。(2011/07/30)

安房鴨川駅舎

海側に出口のある安房鴨川駅。山側に出来たショッピングセンターへはすぐそばにある陸橋を渡っていく。(2011/07/30)

海水浴場

駅から10分ほど歩くと海に出られる。海水浴場はそこそこの賑わいだった。(2011/07/30)


JR東日本・外房線