↓左の路線名は総武線快速と乗り入れ区間の内訳です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
総武線関連リンク



     

総武線(快速) 東京-千葉・蘇我 43.0km

東京とうきょう

総武線(快速)の発車は丸の内側にある地下ホームから。年季の入った地下ホームから総武線快速の電車の他、横須賀線、特急「しおさい」「あやめ」「成田エクスプレス」などもこのホームより発車していく。(2015/05/01)

開業時から1999年まで総武線快速列車を走り続けていた113系。写真は最終運転日を撮影したもの。(1999/12/03)

新日本橋しんにほんばし

日本橋の北側に地下駅を構える。地下鉄銀座線の三越前駅に近く、駅同士が地下で繋がっている。(2008/11/07)

馬喰町ばくろちょう

かつてはJR線の中で最も低い位置にある駅として知られていた。今は京葉線東京駅などにその座を譲ったが、JRで最も高い位置にある野辺山駅とは今でも姉妹駅の関係。駅の改札口の辺りにそのオブジェがあった。(2011/12/17)

錦糸町きんしちょう

地上に上がった快速電車の最初の停車駅。以前は特急列車も全て停車していたが、今は「成田エクスプレス」は通過。快速ホームの北側には留置線があり、ホームで発車待ちをする快速列車と同じ車両がずらりと並んでいる。(2008/02/23)

こんにちはJR

JRとなった当初、ご挨拶のヘッドマークを付けていた快速電車。(1987/04/01)

急行内房号

かつては房総5方面全てに急行列車が走っていた。写真は1982年撮影の急行内房号。保安装置の関係で東京への乗り入れができず、両国または新宿への発着だった。(1982/06/01)

新小岩しんこいわ

駅前の歩道橋より駅舎を撮影。駅ビルを構える駅が多い中、隣の平井と共に駅ビルは持たず何十年も変わらない建物。(2001/10/31)

2つのマークつき特急列車

国鉄からJRに民営化された当初、「JNR」のマークはそのままにJRマークのシールが貼られた特急列車を何度か見かけた。写真後ろに広がる貨物操車場も今は大幅に縮小されている。(1987/04/01)

新小岩駅快速ホームから見える貨物線の引き込み線跡。今は他の線路よりもやや高度を落としたところで行き止まりとなる不自然な線路形態になっているが、以前はここから駅の北側にある工場への引き込み線が続いていたのであった。今はその工場跡は新小岩公園になっている。(2001/10/07)

市川いちかわ

快速線には待避線があり、各駅停車がさっさと先に進んでしまうのに快速列車の方は特急の通過を待たされるという悔しい思いをする駅。夕方には通勤快速列車も快速を待たせて突っ走っていく。(2014/12/28)

臨時列車のなのはな号が市川駅に停車したときのスナップ。(2008/02/23)

通勤快速

総武線にも走るようになった通勤快速。昼間は特急しか通らない市川の通過線を、通勤快速電車が突っ走っていく。(2009/03/23)

船橋ふなばし

最近高架に上がった京成電鉄の路線が再接近。東武野田線もここで接続している。(2010/04/18)

新宿わかしお号

船橋駅には特急列車も一部が停車する。写真は船橋駅停車中の新宿わかしお号。(2011/07/30)

津田沼つだぬま

かつてはこの駅止まりの快速列車が多かった。津田沼から先各駅停車と共用の複線だった時代もあったが、今では複々線化され千葉まで行く電車の方が多い。これまた113系最終運転日の写真。(1999/12/03)

稲毛いなげ

津田沼-千葉間が複線だった時代には快速の停まらない駅だった。1981年に同区間が複々線化された際、晴れて快速停車駅に加わった。(2014/12/28)

快速ホームの番線案内には千葉より東京側ではあまり使われない総武本線の表記があった。(2014/12/28)

黒砂信号所くろすな

稲毛から千葉にかけての途中にある上下線の間に留置線のある場所。たまに房総線の列車が停まっている。(2000/04/22)

千葉ちば

総武線・成田線のホームで出発を待つ快速電車。直通運転の関係上あらゆるホームから発着するが、千葉止まりの列車は総武線・成田線のホームに入ることが多い。(2008/05/31)

ジェフ千葉のオブジェ

ジェフが千葉に移転してから造られたジェフィ&ユニティのオブジェ。(2008/05/31)

外房線・内房線 千葉-蘇我 3.8km

蘇我そが

千葉から先、一部の列車が乗り入れ。さらに内房線と外房線のニ方向に分かれて直通運転する。駅から近い所にジェフ千葉の本拠地ができて以降、駅はすっかりジェフ一色になった。(2008/03/15)

総武線(快速) 東京-成田空港 79.2km

総武本線 千葉-佐倉 16.2km


佐倉さくら

総武線快速を名乗りつつも総武本線と別れ、ここから成田線に入る。今は1日1往復だけ、総武本線の成東まで直通する列車も存在。(2009/03/21)

成田線 佐倉-成田空港 23.9km

成田なりた

ここから成田空港へと乗り入れ。成田エクスプレスが30分に1本程度の運転なのに対して快速は1時間に1本。全体の本数を見ても対成田空港に関しては京成電鉄にはかなわない。成田空港行きと別れて、鹿島神宮方面に直通する列車もわずかながら存在する。(2009/03/21)

堀之内信号場

京成の列車から撮った写真ではあるが、成田と空港第2ビル駅の途中にある信号場。JRも京成もこの区間は単線のため、それぞれ互い違いに信号場が設けられている。(2010/07/17)

空港第2ビルくうこうだいにびる

成田を経由して成田空港に乗り入れる総武線快速。空港第2ビル駅は空港第2ターミナルビルの完成と共に開業。もともと新幹線が入る予定だったホームにJRと京成の線路が単線で並ぶ奇妙な光景が繰り広げられる。(2008/04/29)

空港第2ビル駅入口

京成の駅と並んで設置されているJRの駅の入口。(2010/07/17)

成田空港なりたくうこう

開業初日の成田空港に到着した列車。この時はまだ方向幕に「エアポート成田」の文字は無かった。(1991/03/19)

空港のセキュリティゲート

駅から空港ロビーに出るためには、旅行者だろうが鉄ちゃんだろうがこのゲートを通過する必要がある。荷物の少なさからして明らかに開業初日に乗りに来た鉄ちゃんと思える人達がセキュリティーゲートに並ぶ。(1991/03/19)

成田空港駅停車中の成田エクスプレス。京成のホームから撮影。(2010/07/17)


JR東日本・総武線