↓左側の路線名は篠ノ井線と同じ線路を走る列車の路線名です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
篠ノ井線関連リンク

【訪問宿リンク】

ホテルニューナガノ
ホテルニューナガノ

長野駅前にあるビジネスホテル。2018年に宿泊しました。駅から徒歩3分程度という近さと、値段の安さが魅力でした。





篠ノ井線 塩尻-長野 76.0km

しなの鉄道 篠ノ井-長野 9.3km

長野ながの

長野駅で発車を待つ篠ノ井線の普通列車。長野から篠ノ井までは今でもJR信越本線となっているが、運転系統としての信越本線は今はもう存在しないので路線案内としては篠ノ井方面は篠ノ井線またはしなの鉄道線となっている。(2018/08/16)

運転系統ではなく純粋に路線別の色分けになっており、第三セクターになった路線も同等に掲載されているのでちょっと見づらい路線図。専ら大糸線で運転される車両なのか、ドア上の路線図は車内の路線図が大糸線になっていた。(2018/08/16)

新幹線開業時に改築されて一変した駅舎とその入口。(2018/08/16)

篠ノ井線を経由して中央本線を名古屋まで走っていく特急しなの号(2011/09/24)

1986年の長野駅

1986年訪問時の長野駅ホーム。この時は姨捨より乗った電車で終点の長野に到着した。(1986/08/20)

北陸新幹線が出来る前の長野駅駅舎。今とはまるで違った建物で、善光寺にちなんだ仏閣型の駅舎だった。(1986/08/20)

長野駅を出発

長野駅を出発。列車最後尾からの景色で、左側に北陸新幹線の姿が見える。(2018/08/16)

安茂里あもり

北陸新幹線が並走する区間。写真右側に北陸新幹線の高架線が通る。(2018/08/16)

篠ノ井まではしなの鉄道線も乗り入れる区間。同路線の列車とすれ違う。(2018/08/16)

犀川

犀川を渡る。写真右側には北陸新幹線の鉄橋もある。(2018/08/16)

川中島かわなかじま

駅名を聞いてつい「川中島の戦い」を連想してしまうが、川中島古戦場はここから4kmほど離れた場所にあるとのこと。(2018/08/16)

今井いまい

1997年開業。JRが発足してから出来た駅。(2018/08/16)

この辺りでは新幹線も同じ高さを走行している。防音壁の向こうで疾走してくる新幹線の姿を撮影。(2018/08/16)

篠ノ井しののい

元信越本線のしなの鉄道線とはここで別れ、ここから篠ノ井線の単独の区間に入る。なお、篠ノ井線は起点が塩尻でこちらが終点という扱い。写真右の駅名標は2002年に撮影。(2018/08/16)

しなの鉄道線と別れる

篠ノ井駅を出て、しなの鉄道線と別れていく区間。(2018/08/16)

機関区

貨物の機関区の横を通り抜ける。(2018/08/16)

稲荷山いなりやま

篠ノ井線単独の区間に入り、最初の停車駅。(2018/08/16)

稲荷山駅を出ると、次第に高度を上げ街を眼下に見下ろす位置関係になってくる。(2018/08/16)

桑野原信号場くわのはら

急にクロスポイントが出現してもう姨捨駅か? と思ってしまうがここは手前の信号場。ここも対向列車の退避をする時はスイッチバックをする構造になっている。待つ相手がいなければまっすぐ通過。(2018/08/16)

姨捨駅のスイッチバック

そして姨捨駅が近づくと、頭上にある駅を脇を一旦通り過ぎてスイッチバックの場所へと進んでいく。(2018/08/16)

進行方向一番左側にある行き止まりの引き上げ線に一旦入る。ちょうど松本から来た列車も姨捨駅にやってきた(写真左)。(2018/08/16)

そして列車は後退し、姨捨駅に入る。運転士は先頭車両にいたまま、列車は後ろに進んでいった。(2018/08/16)

姨捨おばすて

スイッチバック上にあり駅の片側は行き止まりの終着駅のようになっていた。以前訪問した時には素朴なローカル線の駅のいでたちだったが、それから32年の時が過ぎて訪問してみたら、ホームも駅舎も観光客向けにパワーアップしていた。駅名標もスイッチバック駅であることを表すこの駅でしか見られてないようなスタイル。(2018/08/16)

駅舎反対側のホームには、展望台が設置されていて、より見晴らしの良い景色が楽しめる。(2018/08/16)

展望台からは日本三大車窓の一つに数えられる景色が一望。(2018/08/16)

展望台から直下を見ると、今通ってきた線路を通過していく列車の姿が見えた。(2018/08/16)

駅名標もを加工して作ったような趣あるスタイル。(2018/08/16)

姨捨駅駅舎

姨捨駅の駅舎とその内部。乗車券は販売はしていないが観光案内窓口が開くことがあるらしい。(2018/08/16)

姨捨駅の入口から駅舎を撮影。隣には千曲市の周辺案内地図が設置されていた。(2018/08/16)

線路の行き止まりの方向から撮影した姨捨駅。(2018/08/16)

1986年の姨捨駅

1986年に初めて訪れた時の姨捨駅。この時はたくましいことに麓の郵便局まで歩いて往復しており、あまり駅から見た景色のことを覚えていない。(1986/08/20)

当時撮影した駅舎。3つ上の写真は同じ位置から撮影したもの。当時は業務委託の職員がいて、切符を販売していた記憶がある。(1986/08/20)

こちらも3つ上の写真と同じ位置から撮影している1986年当時の写真。ここから見る景色はほどんど変わっていないような。(1986/08/20)

姨捨駅のスイッチバック

姨捨駅手前の坂を上ってスイッチバックに入り、バックして駅へと到着する様子を動画で撮影。(2018/08/16)

冠着かむりき

駅名は付近にある山の名前から。町からはやや外れたところにある。(2018/08/16)

聖高原ひじりこうげん

普通列車の他に特急も一部停車。駅名は地名ではなく、観光開発のために付近の高原の名前から付けられたとか。(2018/08/16)

坂北さかきた

対向列車待ちのために小休止。ホームより乗ってきた列車を撮影。(2018/08/16)

そして対向列車が到着。(2018/08/16)

西条にしじょう

ここから3つ合わせて7キロ余りの白坂トンネルに入る。トンネルが開通して新線に切り替わったのが1988年のことなので、たぶん1回目の訪問時には旧線の方を通っているはず。(2018/08/16)

明科あかしな

特急しなの号も一部が停車。2面3線のホームでここを始発とする普通列車もある。(2018/08/16)

田沢たざわ

犀川を挟んで4キロくらいのところに大糸線の豊科駅がある。豊科から松本までは大糸線でまだ8駅あるが、こちらは松本まであと一駅。(2018/08/16)

平瀬信号場ひらせ

田沢から松本の間までにある信号場。対向列車待ちのために一旦停車。そして長野行きの普通列車が結構なスピードで通過していった。(2018/08/16)

大糸線と合流

そして大糸線と合流し、しばらくの間並走。(2018/08/16)

北松本は通過

松本に着くまでの間に北松本駅を通りかかるが駅があるのは大糸線のみ。篠ノ井線の列車は全て通過する。(2018/08/16)

北松本駅から見た篠ノ井線。貨物列車が通過していくの図。(2011/09/23)

中央本線 塩尻-松本 13.3km

松本まつもと

特急あずさ号の隣に停車する普通列車。中央本線や大糸線、松本電鉄も乗り入れる長野県の鉄道の要所の一つ。特急はここから中央本線を名古屋方面へ。普通列車も一部は塩尻から中央本線へと乗り入れていく。(2018/08/16)

南松本みなみまつもと
平田ひらた
村井むらい
広丘ひろおか

塩尻しおじり

篠ノ井線の戸籍上の起点。ここまで来る列車は基本的にはさらに中央本線へと乗り入れていく。(2018/08/16)


篠ノ井線 JR東日本