↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
青梅線関連リンク



     

青梅線 立川-奥多摩 37.2km

立川たちかわ

立川駅青梅線ホームにて発車を待つ青梅線の列車。中央線からの直通列車は、このホームからではなく中央線のホームから発車し、青梅線直通下り列車専用の連絡線(青梅短絡線)を通って青梅線へと入る。(2010/03/13)

青梅短絡線を行く

中央線から青梅線へ直通する列車は、立川を出ると青梅線とは反対の左側へと進路を取り、連絡線を経由して青梅線と合流する。歴史を紐解くとかつては五日市鉄道の路線だったようで。(2016/08/12)

中央線でも青梅線でもない、単線の連絡線を地道に走る。五日市鉄道時代はこの辺りに武蔵上ノ原駅という駅があったらしい。(2016/08/12)

青梅短絡線の前方展望

中央線立川駅から青梅線西立川駅まで下り線専用の連絡線を通る様子の前方展望(2016/08/12)

西立川にしたちかわ

連絡線は西立川駅の直前で青梅線と合流する。写真右側から合流する線路が本来の青梅線の路線。国営昭和記念公園の最寄り駅でもある。(2016/08/12)

東中神ひがしなかがみ

東青梅までは複線。2駅ほど対向式のホームが続く。(2016/08/12)

中神なかがみ

東中神と同じく対向式ホームの駅。(2016/08/12)

昭島あきしま

島式ホームの駅。(2016/08/12)

上り列車とすれ違い。青梅線の車両は中央線と同じくE233系の車両。(2016/08/12)

拝島到着前、八王子からの八高線の路線が頭上を通過していく。(2016/08/12)

拝島はいじま

八高線と接続。さらに五日市線や西武拝島線も乗り入れる西東京の鉄道路線の拠点駅の一つ。立川方面からは青梅、武蔵五日市、高麗川のどの方面にも直通が出来るようになっている。(2016/08/12)

拝島駅駅舎。(2016/08/12)

牛浜うしはま

拝島からJRは3方向に分かれ、青梅線は昭島市から福生市に入り牛浜に停車。(2016/08/12)

福生ふっさ

福生市の中心駅。(2016/08/12)

羽村はむら

列車は福生市から羽村市へ。(2016/08/12)

小作おざく

羽村駅と同じく羽村市の駅。久しぶりの対向式ホームの駅。(2016/08/12)

河辺かべ

「かわべ」と読んでしまいそうだが「かべ」が正しい。前方には山の姿も見える。(2016/08/12)

東青梅ひがしおうめ

中央線直通列車の終点まではあと一駅。周りの景色はだんだん緑が多くなってくる。(2016/08/12)

主要駅青梅の一駅手前にして、ここから先は単線となる。中央線からの直通列車は終点の青梅に向けて単線の線路を行く。(2016/08/12)

青梅おうめ

立川から30分あまりで到着。中央線からの直通列車はこの駅止まりで、ここから先は乗り換えとなる。車両は同じだが編成が4両と短い列車に乗ってさらに先へと進む。既存のホームの隣で、新しいホームが工事中だった。(2016/08/12)

昭和の町青梅なのだ。

青梅駅のキャッチフレーズは「昭和の町 青梅」。駅名標や地下道などが昭和風の装飾が施されている。大体こういう「昭和」って、昭和30年代よりも前のイメージなんだよね。(2016/08/12)

駅構内に赤塚不二夫のキャラクターがあふれる青梅駅。駅の通路には赤塚不二夫キャラクターがずらり。青梅観光案内所の建物の壁には「ひみつのアッコちゃん」の姿があった。(2016/08/12)

青梅駅の駅舎。(2016/08/12)

1986年の青梅駅

1986年に訪問した時の青梅駅。駅舎自体はあまり変わっていない。(1986/11/09)

アプリコット号

上記の写真の半年後に再度青梅を訪れた時の写真。ディーゼルカーの臨時列車「アプリコット号」が留置線に止まっていた。(1987/03/16)

青梅を出発

青梅からは4両編成の奥多摩行きの列車に乗り換え。奥多摩に向けてさらに山深くなる路線を進んでいく。(2016/08/12)

宮ノ平みやのひら

島式ホームの上下線ともう1本待避線らしき線路がある。(2016/08/12)

日向和田ひなたわだ

ここから2駅ほど、線路1本だけで片面ホームの駅が続く。(2016/08/12)

石神前いしがみまえ

駅名の由来は駅の近くにある石神社より。(2016/08/12)

二俣尾ふたまたお

上り列車と行き違い。(2016/08/12)

二俣尾と軍畑の間で、平溝川を高い橋で渡る。(2016/08/12)

軍畑いくさばた

曲線上にあるホーム片面の駅。(2016/08/12)

1987年の軍畑駅

1987年に下車した時の軍畑駅駅舎。駅舎というより、ほとんど民家。駅の看板が無いとここが駅だとは分からないかも。2003年に新しい駅舎に代わっている。(1987/03/16)

赤い鉄橋で撮影。

1987年に軍畑駅で降りた時は、駅の近所の赤い鉄橋まで列車の写真撮影に出かけたのだった。当時まだ103系だったオレンジ色の列車が走り抜けていく。(1987/03/16)

途中にスカイブルーの車両が混じった珍編成も走っていた。(1987/03/16)

当時は貨物列車も健在。奥多摩から石灰石を輸送していた。(1987/03/16)

沢井さわい

柱の錆付いた跨線橋が少し物悲しい。(2016/08/12)

1986年の沢井駅

こちらは1986年に青梅線を旅行して沢井駅に降りた時の写真。臨時列車「奥多摩号」の回送列車が通過していった。(1986/11/09)

跨線橋を降りると、仮設の臨時切符売り場があった。(1986/11/09)

沢井駅より渓谷を歩き、楓橋という橋から撮影した雨の紅葉風景。(1986/11/09)

御嶽みたけ

御岳山最寄り駅。多くのハイカーが下車した。(2016/08/12)

東川井信号場の跡

2001年まで御嶽と川井の間にあった信号場。今でも待避線があったと思われる空間が残されている。(2016/08/12)

川井かわい

(2016/08/12)

川井駅の駅舎(2016/08/12)

古里こり

上下線の真ん中に待避線の線路が1本ある。(2016/08/12)

鳩ノ巣はとのす

(2016/08/12)

白丸しろまる

(2016/08/12)

奥多摩おくたま

青梅からさらに30分で奥多摩に到着。青梅線の終着駅。周りを山で囲まれたローカル線そのもののロケーションだが、ここも電車特定区間に含まれており運賃体系も都区内の路線と同じなのだ。(2016/08/12)

奥多摩駅駅舎

山小屋のような雰囲気の奥多摩駅駅舎。(2016/08/12)

全体が大きくカーブしているホーム。駅の東側は駐車場が続く。(2016/08/12)

1986年の奥多摩

1986年に初めて青梅線を訪れた時の奥多摩駅。この時は臨時列車「奥多摩号」に乗って、錦糸町から直通でここまでやって来た。(1986/11/09)

同じく1986年訪問時の奥多摩駅と201系の新宿行き臨時列車。今は駐車場となっている駅の写真右側は当時は貨物線が広がっており、その奥のセメント工場に直結していた。工場の方は今でも現役。(1986/11/09)

改装は行われているようだが、山小屋のような雰囲気の駅舎は当時からあった。(1986/11/09)


JR東日本・青梅線