↓以下の写真はクリックすると拡大して見ることが出来ます。
北陸新幹線関連リンク

【訪問宿リンク】


ホテルニュー赤城 高崎駅前

関東近辺の小旅行の際に高崎で泊まったホテル。安さと子供連れでも宿泊可能という条件でチョイスしました。高崎駅に近い場所にあり交通の便は良く、夕食は近所にファミリーレストランがありそこで取る事が出来ました。





     

北陸新幹線 東京-上越妙高 281.9km

東京とうきょう

東京駅停車中のE7/W7系。長野新幹線改め北陸新幹線の新しい主役が東京駅で発車待ち。(2015/07/17)

新幹線かがやき号の金沢行き行き先表示板。ちなみにかがやき号は全車指定席となっている。(2015/07/17)

車体横に取り付けられているE7/W7系のロゴ。最近の新幹線は車体横にロゴを描かれているのがすっかり定番になったようで。(2015/07/18)

グランクラス

東北新幹線はやぶさ号で初めてお目見えした、グリーン車を超える特別車両は北陸新幹線にも連結された。車内清掃中で誰もいない車内をホームから覗き見(笑)(2015/07/17)

そしてE2系

そして長野新幹線だった頃に主役だったE2系。MAX号と並んで停車中の様子。北陸新幹線金沢開業後は東京-長野間限定の運用となっている。(2011/09/24)

つなげよう日本

直接の被害は無かったが、2011年3月11日の東日本大震災以降にE2系の側面にもステッカーが取り付けられていた。鉄道の使命に忠実なキャッチコピーが心に残る。(2011/09/24)

上野うえの

上野駅地下ホームに到着したE2系の車両。(2014/03/24)

北陸新幹線金沢開業前に見かけたときのE7系。胴体だけ撮影しました(笑)(2014/02/25)

大宮おおみや

北陸新幹線を始め、東北・上越新幹線なども全ての列車が停車する。(2014/04/18)

熊谷くまがや

上越新幹線と共用区間の駅。ただし北陸新幹線はあまり停まらない(2009/08/14)

高崎たかさき

上越新幹線とはここで別れる。写真は高崎駅を通過するあさま号。(2014/04/29)

安中榛名あんなかはるな

北陸新幹線単独の最初の停車駅。各駅停車タイプのあさま号でも通過する列車が多い。ここより碓氷峠の峠越えに入る。(2015/07/19)

軽井沢かるいざわ

補助の機関車をつけて碓氷峠を越えていたのも今は昔。新幹線は易々と峠を越えて軽井沢に到着。かなり迂回して勾配を緩和しているが、それでもやはりここが新幹線で一番の急勾配区間になるらしい。(2011/09/24)

軽井沢駅駅舎

夕暮れ時の軽井沢駅舎。こちらは新幹線ホームのある側の南口の様子。(2011/09/24)

佐久平さくだいら

旧・信越本線のしなの鉄道とはやや離れ、小海線と交差する場所にある駅。(2015/07/19)

上田うえだ

しなの鉄道他、上田電鉄と連絡。あさま号と一部のはくたか号が停車。(2015/07/19)

もうすぐ長野

そして篠ノ井あたりから在来線とほぼ同じ高さで並行して走ると、間もなく長野着。(2015/07/17)

長野ながの

長野駅停車中のかがやき号から撮影。ホームの反対側に停車中のはくたか号を追い越して先に進む。(2015/07/17)

長野新幹線時代の長野駅停車中のE2系あさま号。名実ともに北陸新幹線となってもE2系とあさま号は長野までの運転。(2002/02/02)

長野駅ホームの様子。(2002/02/02)

E2系の車体に描かれているロゴ。(1997/11/29)

長野駅駅舎

長野新幹線開業後に雰囲気が一変した駅舎。(2011/09/24)

長野を出発

そして長野を出発。北陸新幹線金沢開業と同時にしなの鉄道となった区間の路線を左手に見ながら進む。(2015/07/17)

車両基地

北陸新幹線の車両基地。(2015/07/17)

飯山いいやま

飯山線との乗換駅。飯山線は並行在来線とはならず第3セクター化はされなかったが、長野から豊野までがしなの鉄道となり、JRの路線としては分断されたような形になった。(2015/07/17)

飯山から上越妙高へと向かう区間の田園風景。(2015/07/17)

上越妙高じょうえつみょうこう

旧・脇野田駅付近に建設され、しなの鉄道北しなの線との乗換駅。そしてここがJR東日本とJR西日本との境界線となる。駅名標はJR東日本スタイル。(2015/07/19)


JR東日本・北陸新幹線