↓左の路線名は戸籍上の路線名の内訳です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
武蔵野線関連リンク



     

武蔵野線 西船橋-武蔵浦和 47.4km

西船橋にしふなばし

しもうさ号の起終点は海浜幕張駅。南船橋から西船橋を経由して武蔵野線へと入り、武蔵浦和までは武蔵野線の路線を各駅停車で進んでいく。(2014/07/26)

武蔵浦和むさしうらわ

武蔵野線を半周走って武蔵浦和に到着。駅を出てすぐのところで左へと分岐する線路が、これからしもうさ号が進んでいく方向。(2014/07/26)

東北本線 武蔵浦和-大宮 7.4km

連絡線に入る。

武蔵野線の本線よりも高度を上げて、連絡線を走行。(2014/07/26)

大きくカーブを描き、埼京線中浦和駅の高架下をくぐる。(2014/07/26)

北朝霞方面からの線と合流すると、そのままトンネルへと突入する。(2014/07/26)

武蔵浦和から東北本線へ1

「しもうさ号」の武蔵浦和を出てから東北本線への連絡線を走行、トンネルに入るまでの前方展望がこちら。(2014/07/26)

湘南新宿ラインと合流

長いトンネルを走り抜けると、高度を上げて今は湘南新宿ラインとして使われている路線と合流。(2014/07/26)

湘南新宿ラインと同一線上を走り、京浜東北線の与野駅を通過。(2014/07/26)

武蔵浦和から東北本線へ2

連絡線のトンネルを出てからに東北本線と合流するまでの前方展望がこちら。(2014/07/26)

まもなく大宮

そして線路の枝分かれが激しくなると、間もなく大宮。(2014/07/26)

大宮おおみや

終点大宮の11番線に停車したしもうさ号。列車は一旦回送となってホームを引き上げていった。(2014/07/26)

臨時列車

この日たまたま走っていた臨時列車の「ブルーオーシャン外房号」。海浜幕張まではしもうさ号と全く同じルートを走るようだ。かつての内房線臨時快速「青い海」を知る者にとっては、「ブルーオーシャン」という名前で外房線を走ることに微妙に違和感を感じる(笑)。(2014/07/26)

東北本線 大宮-武蔵浦和 7.4km


そしてむさしの号

そして今度は東所沢方面へと向かう「むさしの号」に乗車。時間帯が良いせいか、お客さんの数も多かった。次の停車駅は北朝霞なので、うっかり乗り間違えたらえらいことになりそう。(2014/07/26)

しもうさ号と同じく、湘南新宿ラインと同じ線を走行したあと、連絡線に入ってトンネルへ。(2014/07/26)

東北本線から武蔵野線へ1

「むさしの号」にて東北本線から分かれて武蔵野線への連絡線を走り、トンネルに入るまでの前方展望。(2014/07/26)

連絡線へ

連絡線が二手に別れる地点で、今度は北朝霞方面へ進路を取る。(2014/07/26)

二手に別れる連絡線。上空を通過するのは、先ほどしもうさ号が通ってきた線路。(2014/07/26)

武蔵野線 武蔵浦和-西国分寺 25.9km

西浦和駅手前で武蔵野線の本線の脇に下りる。ただし連絡線側にホームが無いため、やむなく駅は通過する。(2014/07/26)

西浦和駅の先、荒川を渡る手前で武蔵野線の本線と合流。(2014/07/26)

東北本線から武蔵野線へ2

連絡線のトンネルから出て、西浦和駅付近を通過して武蔵野線に合流するまでの映像はこちら。(2014/07/26)

北朝霞きたあさか

大宮を出て最初の停車駅。大宮からの所要時間は17分ほど。(2014/07/26)

新小平しんこだいら

北朝霞から新小平までは、武蔵野線を走行し各駅停車する。府中本町始発のむさしの号もあるが、八王子行きは新小平の先のトンネル内にある分岐線から再び連絡線に入り、中央線方面へと向かう。(2014/07/26)

新小平の先からトンネルに入り、トンネルから出るともう隣には中央線の姿があり、前方には国立駅がある。(2014/07/26)

中央本線 西国分寺-八王子 14.6km

国立くにたち

むさしの号が中央線に入り最初に停まる駅。以前のむさしの号は国立は通過していたが、2014年3月より中央線内も各駅停車で走るようになった。(2014/07/26)

立川たちかわ

そして立川に到着。むさしの号はこの後八王子を目指して進んでいく。(2014/07/26)


JR東日本・武蔵野線