↓左の路線名は戸籍上の路線名の内訳です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
武蔵野線関連リンク



     

京葉線 東京-西船橋 24.1km

東京とうきょう

東京駅京葉線ホームから発車する武蔵野線の列車。かつては京葉線内は快速運転だったが、2014年3月より武蔵野線の列車も各駅停車になった。(2012/09/26)

市川塩浜いちかわしおはま

東京側の京葉線との分岐駅。京葉快速は通過するが武蔵野線の電車は停車する。(2009/06/09)

京葉線 南船橋-西船橋 11.1km


南船橋みなみふなばし

蘇我側の京葉線との分岐駅。近所にららぽーとがある。当初は通過だった京葉線快速も今は停まるようになった。(2007/07/09)

武蔵野線 西船橋-府中本町 71.8km

西船橋にしふなばし

乗り換え客が多く、ラッシュ時には溢れんばかりの人で埋め尽くされるホーム。(2008/04/28)

元は貨物線として計画されていた武蔵野線、今でも線内では貨物列車の姿を良く見かける。(2014/03/12)

船橋法典ふなばしほうてん

中山競馬場への最寄り駅。西船橋側に競馬場への臨時専用出口がある。(2012/06/24)

船橋法典駅駅舎

船橋法典駅の駅舎。かつては建物の左上側に中山競馬場前の文字があったのだが、既に無くなっていた。(2012/06/24)

東松戸ひがしまつど

北総鉄道との交差部分に位置する。当初は駅は存在しなかったが、1998年3月に開業、乗換駅となった。(2006/09/03)

駅に到着する電車

東松戸駅に到着する電車。(2006/09/03)

臨時列車が通過

特急型の団体列車とすれ違う。武蔵野線は放射状に延びる幹線間を繋ぐような路線形態になっているので、しばしば臨時列車や団体列車の通り道に使われる。(2014/07/26)

新八柱しんやはしら

掘割の区間に駅があり、ホームはトンネルの中。新京成電鉄との乗換駅。(2014/07/26)

新松戸しんまつど

常磐線との乗り換え駅。ホームの階段を降りるとそこには常磐線各駅停車のホームがある。(2009/04/11)

南流山みなみながれやま

夕暮れ時の駅前の様子。つくばエクスプレスが開通し、同路線との乗り換え駅になった。(2009/04/22)

江戸川をまっすぐ伸びる鉄橋で渡る。(2014/07/26)

三郷みさと

頭に「新」や「東西南北」が着く駅名が多い中、数少ないシンプルな名前の駅。ここから吉川までの間に、かつては広大な貨物操車場が広がっていた。(2014/07/26)

新三郷しんみさと

2014年の新三郷駅。今となってはすっかり普通の駅となっているが……。(2014/07/26)

上下ホームが離れていた頃

1986年当時の写真。かつて広大な貨物操車場を挟んで上下線が離れており、双方のホームは300メートル以上離れているという一風変わった駅だった。「世界一上下線のホームが離れている駅」とギネスブックにも載っていたこともあったそうで。(1986/01/01)

新三郷の上下線を隔てていた貨物操車場。折角造ったのに貨物の輸送方式が変わったために短期間で使われなくなってしまったと聞く。(1986/01/01)

そして2000年。空き地と化してしまった元操車場を通過。(2000/04/22)

吉川よしかわ

カーブ上にあるホーム。このあたりで貨物操車場からの貨物線が合流していた。(2014/07/26)

吉川美南よしかわみなみ

2012年3月17日開業。越谷レイクタウン駅の開業から4年経っての開業で、吉川駅の両隣が21世紀になってから出来た新駅で埋まった感じ。駅は2面3線の構造になっている。(2012/03/17)

吉川美南を出発する、府中本町行き列車。(2012/03/17)

吉川美南駅駅舎。周りの再開発はまだまだこれからと言った感じで、近所にはケーズデンキ以外目立った建物が無かった。(2012/03/17)

吉川美南駅のマスコットキャラクター・なまりん。(2012/03/17)

越谷レイクタウンこしがやレイクタウン

2008年3月15日開業。対向式の広々としたホームが目を引く。(2014/07/26)

越谷貨物ターミナル

越谷レイクタウンと南越谷の間に広がる貨物の拠点。壮大な貨物ヤードが広がる。(2014/07/26)

コンテナが積まれた貨物ターミナル駅の横を走りぬける。(2014/07/26)

南越谷みなみこしがや

ホームの西側に見えるのは東武伊勢崎線の新越谷駅。(2012/03/17)

南越谷駅駅舎。東武伊勢崎線への乗り換えは一旦駅の外に出る必要があるが、屋根づたいに行くことができる。(2012/03/17)

東川口ひがしかわぐち

埼玉高速鉄道との乗換駅。相手は地下鉄なので姿は見えず。(2014/07/26)

東浦和ひがしうらわ

ここから浦和駅4連発。真ん中の線路は貨物列車の退避用。武蔵野線の駅はこのように貨物の待避線が設けられた駅が多い。(2014/07/26)

南浦和みなみうらわ

京浜東北線との乗換駅。京浜東北線を跨ぐ位置にホームがある。(2014/07/26)

武蔵浦和むさしうらわ

1985年に埼京線の開業と共に開設。駅の西側から、大宮方面への短絡線が分岐している。(2014/07/26)

武蔵浦和駅ホーム(2014/12/28)

西浦和にしうらわ

武蔵野線と駅のホームの外側を大宮からの短絡線が通り、この先で合流。上空を通過するのは首都高速。(2014/07/26)

荒川をまっすぐな鉄橋で渡る。(2014/07/26)

北朝霞きたあさか

東武東上線朝霞台駅との乗換駅。(2014/07/26)

新座にいざ

カーブ線上にあるホーム。真ん中の線路は、この先に広がる新座貨物ターミナルへの連絡線。(2014/07/26)

新座貨物ターミナル

新座駅のすぐ西側に広がる貨物ターミナル。(2014/07/26)

越谷と同様、こちらの貨物ターミナルも2段済みのコンテナの姿が。(2014/07/26)

東所沢ひがしところざわ

ホーム2面4線の駅。車両基地が併設されており、この駅始発・終着の列車も多い。「となりのトトロ」の舞台の松郷はここから徒歩10分程度にある所らしい。(2014/07/26)

東所沢駅のホーム。(2014/07/26)

新秋津しんあきつ

この駅も上下線の間に貨物待避線が敷かれている。(2014/07/26)

新小平しんこだいら

トンネルの間にある駅。この先のトンネルの中で国立への短絡線が分岐している。(2014/07/26)

西国分寺にしこくぶんじ

中央線との乗換駅。中央線ホームにあるエスカレータを上がるとすぐに武蔵野線ホームに到着する。どちらの路線からも東京行きが走っているが、早いのは当然中央線の方。(2008/02/29)

北府中きたふちゅう

武蔵野線の途中駅であるが、武蔵野線開業前に存在していた「下河原線」の時代から存在していた駅。駅の西側に東芝の府中事業所が広がる。(2008/02/26)

東芝専用口

改札口を出て右側に東芝の社員しか通れないひみつの通路が存在。(2008/02/26)

府中本町ふちゅうほんまち

終着駅としては中途半端な場所にある感じがするが、この駅止まりなのは旅客電車だけで、武蔵野線としては貨物線としてこの先鶴見まで続いている。乗り換えとなる南武線に挟まれるようにしてホームが存在。(2008/04/10)


JR東日本・武蔵野線