↓左の路線名は戸籍上の路線名の内訳です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
久留里線関連リンク



     

久留里線 木更津-上総亀山 32.2km

木更津きさらづ

木更津駅で発車を待つ2両編成のディーゼルカー。いつの間にかずいぶんと派手な塗装になっていた。(2016/08/12)

久留里線ホームへの階段。4番線が久留里線の発車ホーム。3番線は内房線の下り列車ホームになっている。(2016/08/12)

木更津駅久留里線ホームの先には、久留里線列車の車庫が見える。(2016/08/12)

久留里線お出かけスポット

列車のドア上に掲げられていた、久留里線路線案内を兼ねたお出かけスポット案内。(2016/08/12)

Suicaは使えません

東京近郊区間には編入されたが、久留里線は全線にわたってSuicaの使用はできないので注意。そのうち何かしらの方法により使えるようになりそうな気はするが。(2016/08/12)

木更津を発車

木更津を発車。駅を出て間もなく、内房線と別れて祇園方面に進路を取る。(2016/08/12)

祇園に着く手前で、国道16号の下をくぐる。(2016/08/12)

祇園ぎおん

久留里線に入って次の停車駅は、福岡方面を連想させそうな名前の駅。(2016/08/12)

上総清川かずさきよかわ

駅の先にあるのは、館山自動車道から分岐してアクアラインへと向かう連絡道。(2016/08/12)

駅ホームにあった花壇。写真右は待合室。(2016/08/12)

東清川ひがしきよかわ

1978年10月開業と久留里線の中では一番新しい駅。他の駅と同じく通年営業・全列車停車でありながら、国鉄時代は臨時乗降場の扱いだった。(2016/08/12)

小櫃川

東清川から横田の間で小櫃川を渡る。(2016/08/12)

横田よこた

木更津市より袖ヶ浦市へ。ここで上り列車と行き違い。久留里線内で上下列車の交換ができるのは、今ではここと久留里駅の2か所になっている。(2016/08/12)

横田駅の駅舎(2016/08/12)

東横田ひがしよこた

横田と同じく袖ヶ浦市内の駅。ホーム片面の駅。(2016/08/12)

2007年に造られたという、比較的新しい待合室。(2016/08/12)

馬来田まくた

再び木更津市へ。以前は上下交換駅だったようで、線路がはがされて使われなくなったホーム(写真右)があった。(2016/08/12)

圏央道の下をくぐる。鉄道の線路の貧弱さに比べ、交差する道路の方は立派なものばかりのような。(2016/08/12)

下郡しもごおり

所属値はめまぐるしく変わり、ここから君津市に入る。かつては次の小櫃駅との間に上総山本という駅があったらしい。(2016/08/12)

小櫃おびつ

この駅もかつては交換可能駅だった。今ではこの辺りは交通機関としてはバスの便の方が充実しているみたい。写真右は小櫃駅の駅舎。(2016/08/12)

俵田たわらだ

まっすぐな線路の左側に片面のホームがある駅。(2016/08/12)

この駅のホームにも花壇があった。(2016/08/12)

久留里くるり

久留里線の中心駅。かつてはほとんどの列車が終点の上総亀山まで運転していたが、今や半数の列車はこの駅止まりになっている。(2016/08/12)

久留里駅に停車中の列車。(2016/08/12)

久留里駅駅舎

久留里駅駅舎。周りにはあまり建物が無かった。(2016/08/12)

1999年の久留里駅

1999年に訪問した時の久留里駅。この時は大みそかから元旦にかけて1日中列車を乗り歩いていて久留里線を往復したのは夜のことだった。列車の色はこの時も派手だったが、今とは全然配色が異なっている。(1999/01/01)

久留里駅出発

久留里駅を出ると急に周りが鬱蒼とした景色となる。小櫃川の支流を渡り、上総亀山に向かう。(2016/08/12)

小櫃川

久留里線の車窓から見える小櫃川。(2016/08/12)

平山ひらやま

草生し方が激しいまっすぐな線路に片面のホーム。(2016/08/12)

上総松丘かずさまつおか

もとは島式だったと思われるホーム1面と、ホームから少し離れて駅舎がある。ホームと駅舎の間の空間はかつて線路があった名残りか。(2016/08/12)

終点まで最後の一駅という区間で、トンネルを2つほどくぐる。最初にくぐるのは三本松トンネル(2016/08/12)

そして次は名殿トンネル。こちらのトンネルの方はちょっと長め。(2016/08/12)

上総亀山かずさかめやま

久留里線の終点。亀山湖や亀谷ダムの最寄り駅。(2016/08/12)

一面だけ残されているホームで折り返しの発車を待つ列車。朝9時頃の風景だが、この列車が発車すると今(2016年)ではこの駅の午前の部が終了になるのが悲しい。(2016/08/12)

上総亀山駅駅舎

上総亀山駅の駅舎。写真左はホーム側から見た駅舎。(2016/08/12)

シャッターで閉ざされた出札口。開かれる時もあるのかと思ったら、2012年3月に無人化されたとのことだった。写真左は運賃表。総武線方面は新小岩までが範囲に入っているが、直線距離では近い安房鴨川は範囲に入っていない。(2016/08/12)

ここで行き止まり

上総亀山で途絶える線路。予定ではこの先、国道465線方面に並行して進んだ先にある現・いすみ鉄道の上総中野との間を結ぶ予定だったが、計画倒れに終わっている。同駅との間にはバス路線も無いが、上総亀山駅付近からは安房鴨川へと抜けるバス路線はあるようだ。(1999/01/01)

1999年の上総亀山駅

1999年訪問時の上総亀山駅。この時は夕暮れ時の訪問だった。写真右は列車の側面に貼られていた久留里線のロゴ。(1999/01/01)

1989年の上総亀山駅

時代はさらに10年さかのぼって1989年訪問時の上総亀山駅。列車の色は今よりぐっと地味で朱色一色だった。当時発足して間もない「JR」のロゴが取ってつけたような貼られ方をしていてちょっとカッコ悪かった。(1989/09/30)

1989年の上総亀山駅駅舎

1989年訪問当時の上総亀山駅駅舎。駅舎は古ぼけていたが、駅職員もいて窓口で切符も買えて今よりも活気があった印象がある。硬券の入場券(写真右)も買えたのだ。(1989/09/30)


JR東日本・久留里線