↓右側の路線名は京葉線を走る列車の路線です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
京葉線関連リンク

【訪問宿リンク】

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

普段なら絶対に泊まらないようなリッチなホテルですが、「シェラトンホテル宿泊付き・ディズニーリゾートペアチケット」というものが景品で当たってスイートルームに泊まってしまったことがあります。3人くらい寝られそうな幅のベッドとか、ガラス張りの浴室とかいつも泊まるビジネスホテルとはまるで違う部屋の雰囲気にすっかり呑まれて部屋ではしゃぎまくっていたのでした。





     

京葉線 東京-蘇我 43.0km

武蔵野線 東京-市川塩浜 18.2km

東京とうきょう

緩いスロープとなっている京葉地下丸の内口へのアプローチ。開業当日の様子で、当時は両脇が水路になっていた。京葉線の東京駅から他の路線のホームまでの道のりは長い。総武線快速・横須賀線への乗り換えの場合は、可能であれば一旦改札口を出て丸の内の自由通路を歩いた方が早い。(1990/03/09)

東京駅ホーム

物好きにも開業初日に一番電車に乗りに行った私たち。出来たばかりのホームに列車が発車待ちしていた。始発電車の先頭車両には昼間の総武線に負けない位の人数がいた。今では当たり前になっているが、発車ベルが妙に華やかなファンファーレだったのが新鮮だった。この後八丁堀、越中島までは地下を走り、潮見の手前で地上へと出る。(1990/03/09)

武蔵野線

京葉線東京地下駅ホームで発車を待つ武蔵野線。京葉線の東京駅開業時から同駅に乗り入れている。西船橋に乗り入れるのは武蔵野線の列車だけなので、朝の西船橋の上り東京行きはえらく混雑する。(1998/08/10)

ビューさざなみ・わかしお

内房線と外房線の特急列車も京葉線に乗り入れる。東京駅開業から少し遅れて1991年3月19日、成田エクスプレスに総武線から追い出されるような形で乗り入れてくるようになった。走り始めた当時は全て京葉線ノンストップだったが、今は通勤客も拾うために海浜幕張などにも停車。(1998/08/13)

八丁堀はっちょうぼり

もともと地下鉄日比谷線が通っていた所に出来た駅。両社のロゴが並んだ案内板を掲げた入口を構える。(2008/11/10)

新木場しんきば

開業初日のまだ周りに何も無かった頃の駅。駅のベンチやコンコースのモニュメントなど木材があちこちで使われており、駅前広場には丸太を切る鋸をデザインしたモニュメントがあった。有楽町線、りんかい線と3社が集まる乗換駅で、4階に京葉線、2階に東京メトロ有楽町線とりんかい線のホームがあり、真ん中3階が3社の切符売り場と改札口が並ぶコンコースになっている。(1988/12/01)

ヘッドマーク付きの列車

新木場まで開業した時の記念ヘッドマークをつけた電車。当時の京葉線はこの駅が終点で、東京に出るには有楽町線が頼りだった。(1988/12/01)

武蔵野線

京葉線新木場開業時に武蔵野線の電車も新木場までやってくるようになった。こちらも開業当日の写真。(1988/12/01)

方向幕

新木場←→蘇我という、今ではもう見ることのできない方向幕。(1988/12/01)

East-i E通過

電気・軌道総合試験車East-i Eが新木場駅を通過する姿を、偶然動画にて撮影。(2014/07/26)

荒川を渡る

新木場と葛西臨海公園の間で荒川を渡る。河口付近で、ご覧のとおり遮るものがなく海からの風をまともに受けてしまうので、風による速度規制や運転見合わせがたびたび起きてしまう場所のひとつ。最近は防風壁の設置で幾分風の影響を受けることは少なくなった。(1988/12/01)

葛西臨海公園かさいりんかいこうえん

駅前から同名の区立公園が広がっている。開業当初は武蔵野線直通列車は通過、東京まで全線開通した時は休日は快速全てが停車となり、現在では各駅停車と休日の武蔵野線快速が停車するという、複雑な停車列車変遷をたどっている。(2002/05/12)

葛西臨海公園

東京湾に面して広がる公園。水族館や観覧車、バーベキュー広場などもある。(2002/05/12)

舞浜まいはま

説明するまでもなくディズニーリゾートの最寄り駅。通勤路線の京葉線の中にあって、ここだけ駅前の雰囲気が一変する。(2008/11/01)

E331系

舞浜駅付近で遠方から1度だけ見かけたE331系。14両編成だが連接車で1両あたりの長さが短いため他の10両編成の列車と長さは同じという特異な列車。似たようなスタイルで209系の車両は時々見かけるがこちらは普通の10両編成。E331系はこれ以来走っているのを見たことが無い。(2006/12/15)

シャトルマイハマ

事情によりこれだけ白黒写真ですみません。京葉線東京開業時にディズニーランド客の輸送のために登場した快速列車。東京都西船橋の間を結び、途中停車駅は舞浜だけだった。車内は海側に向いた座席が2列並んでいるという変わり種の列車。その後、京葉線・武蔵野線の定期列車も増えて需要が無くなったためか姿を消した。(1990/04/07)

市川塩浜いちかわしおはま

武蔵野線がこの駅から分岐。同じ「快速」という種別でも武蔵野線はこの駅に全ての列車が停車する。(1988/12/01)

武蔵野線 南船橋-海浜幕張 5.7km

南船橋みなみふなばし

この駅からも武蔵野線が分岐する。IKEAやショッピングセンターららぽーとの最寄り駅。かつては全速力で通過していた快速列車も今は全て停車する。(2007/07/09)

2017年の南船橋駅。まだ駅前は空き地が目立つ。(2017/01/28)

ららぽーと

南船橋が最寄り駅のショッピングセンター。時計の広場あたりを撮影。(2002/01/20)

SSAWS(ザウス)

かつて南船橋に存在した室内スキードーム「SSAWS」。最大100mの高さと独特な形状で列車の車窓からもその圧倒的な存在感を示していたが、2002年9月30日にて営業終了し解体され、現在、跡地はIKEAに生まれ変わっている。(2002/01/20)

海浜幕張かいひんまくはり

千葉マリンスタジアムや幕張メッセの最寄り駅。幕張メッセでのイベント開催時には明らかにそのイベント帰りと思われる人たちを京葉線内で多く見かける。かつては京葉線内一駅も停まらなかった特急列車も、この駅に停車するようになった。(2001/12/23)

千葉みなとちばみなと

1986年3月の京葉線第1期開業時の終着駅。当時の京葉線は西船橋-千葉港間の路線だった。当初は千葉港が正式な駅名の表記だったがその時から「千葉みなと」と表記されることが多く、1992年に正式に改称となった。現在では快速列車も停車。(2012/01/02)

1995年8月に千葉都市モノレール1号線が千葉みなとまで開業。JRのホームの隣から、懸垂式のモノレールが出発していくのが見られる。(2012/01/02)

千葉みなと駅入口

高架下にある駅の入口。駅前には東横インのホテルがある。(2012/01/02)

蘇我そが

こちらも開業初日の一番電車の様子。新木場開業の時は新木場接続の有楽町線の連絡切符も自動券売機で売られており、市ヶ谷までは京葉線・有楽町線経由の方が安かった。2005年からはジェフユナイテッド千葉のホームタウン「フクダ電子アリーナ」の最寄り駅となったため、現在ではジェフ一色のデコレーションが行われている。ショッピングセンター「アリオ蘇我」への連絡バスも駅前から発車。(1988/12/01)

全線開業記念式典

東京駅で晴れて全線開業した時の記念式典の様子。この日より快速電車や内・外房線直通の電車も走り始めた。(1990/03/09)

ヘッドマークつき電車

京葉線全線開業時に一時期登場した高橋留美子デザインのキャラクター「マリン」がデザインされているヘッドマークを掲げた電車。(1990/03/09)


JR東日本・京葉線