↓左の路線名は戸籍上の路線名の内訳です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
常磐線関連リンク



     

東京メトロ 千代田線 北千住-綾瀬 2.6km

北千住きたせんじゅ

北千住駅の地下ホームを発車する常磐線各駅停車の車両。と言ってもこの列車はJRの車両ながら隣の綾瀬止まりだったりして。(2012/03/17)

各駅停車はこちら

常磐線快速列車のホームに掲げられた各駅停車の乗り換え案内。快速列車からはその姿は見えず、乗り換えにはホームから階段を下りていく。(2012/03/17)

各駅停車は綾瀬までは東京メトロの管轄下にあるので、地下に降りるとコンコースの雰囲気が一変する。無人だけど一応乗り換え改札口も設置。今どき懐かしい職員配置型の楕円形サークルがそこにあった。ここに駅員がいた事はあったのだろうか。(2012/03/17)

常磐線 綾瀬-取手 29.7km

綾瀬あやせ

北千住から綾瀬の間で地上に出て、快速線と並ぶ。北千住から綾瀬まではJRの最低運賃と同額の運賃が設定されており、ルートによっては隣の北千住からJR線として運賃計算されるが、路線の所属はあくまで綾瀬までが東京メトロ。さらに各駅停車で常磐線から山手線に出るためには東京メトロの運賃を挟む必要があるため、ちょっと割高になるのが悲しい。(2009/06/24)

亀有かめあり

隣の金町と共に葛飾区の北部に位置する駅。2016年秋から登場したJRの駅番号では、亀有駅は本来なら2番目か3番目の駅のはずだが、東京メトロ千代田線との通し番号となり20番がつけられている。(2016/09/19)

亀有駅ホーム。上りも下りも東京メトロの車両で埋められ、JRの駅とは思えない光景。(2016/09/19)

こち亀ワールド

2016年9月、「こちら葛飾区亀有公園前派出署」の単行本200巻発売と連載終了が発表され、亀有駅はこち亀の宣伝で埋め尽くされて駅は見物客で大賑わいとなっていた。写真右は歴代の単行本の背表紙が描かれた駅の階段。写真左は両さんの顔がびっしりと描かれたエスカレータの手すり。(2016/09/19)

駅の入り口の床には、歴代の単行本の表紙のラッピングで埋め尽くされていた。(2016/09/19)

亀有駅南口の様子。駅の看板の下に大きくこち亀作者の秋本先生宛のあいさつの横断幕が掲げられていた。写真左の北口から見た駅の窓も両さんが登場していた。(2016/09/19)

駅前の設置されていたこち亀キャラクターの像。連載終了を記念して新たに作られてたものかな。写真左の方の銅像は2006年に設置されたというもののはず。(2016/09/19)

そして駅前には、こち亀の「ようこそ亀有へ」の看板もあった。(2016/09/19)

金町かなまち

京成金町線との接続駅。写真は金町駅に到着した東京メトロ車両の各駅停車。(2003/05/10)

快速列車は通過。ホームで列車を待っていると、快速が全速力で通過していった。(2003/05/10)

駅の北側に残されている線路は、駅北西にあった三菱製紙の工場への引込み線の名残り。今ではクロスポイントの直後で途絶えている。写真左は2003年ころの様子。(2016/09/19)

金町駅前

金町駅前の様子。南側に京成の金町駅が小ぢんまりとある。写真左は再開発真っ只中のころの駅前。(2016/09/19)

松戸まつど

松戸駅停車中の東京メトロ16000系の車両。常磐線各駅停車はJRも東京メトロの車両も一昔前とはがらりと変わって格好良くなった。(2012/01/12)

かつて利根川の花火大会見物のために運転された団体専用列車が松戸駅に到着したの図。(2000/08/12)

馬橋まばし

普通列車しか停まらない駅ではあるが、この駅を始発駅とする流鉄線との乗換駅。(2009/09/21)

新松戸しんまつど

上空を交差する武蔵野線との乗り換え駅。一旦駅を出てすぐ近くに流鉄の幸谷駅が何げにあり、乗り換えができる。(2009/04/11)

北小金きたこがね

駅と正面のショッピングセンターが歩道で直結。(2009/04/11)

マツモトキヨシ発祥の地

駅南口からつながるペデストリアンデッキ上にあった案内板。上から4つ目の看板に注目。ここから駅前通りを100メートルほど歩いた先にある県道にその地はあるが、そこには特に碑のような無く、マツモトキヨシの店そのものがあった。(2012/02/04)

南柏みなみかしわ

ここから柏市。北小金同様各駅停車しか停まらない駅ではあるが、駅前は北小金駅よりこちらのほうが発展しているような気が。(2012/02/22)

かしわ

柏駅に停車する停車。一部はここ柏止まりのものもある。(2014/12/28)

我孫子あびこ

取手まで開通はしたが朝夕の通勤時間帯以外は取手まで列車は行かないため、今でも実質的な各駅停車の始発・終着駅となっている。(2015/04/04)

天王台てんのうだい

昼間は列車の来ない各駅停車。ホームへの階段にロープが張られている。(2014/12/28)

取手とりで

各駅停車はこの駅も昼間は休業中。ホームはひっそりしている。(2014/12/28)

2000年に乗った利根川花火観覧の団体専用電車が取手駅で発車待ちをしているの図。夜には列車が走らない各駅停車の線路を利用した企画であった。(2000/08/12)

上記の電車の中から、鉄橋越しに観覧した花火大会。(2000/08/12)


JR東日本・常磐線