↓左の路線名は戸籍上の路線名の内訳です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
常磐線関連リンク




東海道本線 品川-東京 6.8km

品川しながわ

品川駅9,10番線は新たな常磐線の拠点となった。普通列車と特急列車が停車中。一部列車は隣の11番線からも発車。(2015/03/14)

品川駅に到着したE231系の常磐線快速列車。朝夕の通勤時間帯は、エメラルドグリーンのこの列車が品川まで乗り入れ。(2015/03/14)

そして日中になるとE531系列車が品川駅までやってくる。千葉県に向かう青い電車同士が品川駅で初顔合わせ。(2015/03/14)

上野東京ライン開業により特急ひたち号とときわ号も日中は品川駅へ乗り入れるようになった。(2015/03/14)

品川-田町の車両基地

朝の通勤時間帯に品川駅にやってきた常磐線E231系の一部は、夕方まで品川の車両基地でお休み。ここは松戸電車区じゃありません。(2015/03/14)

新橋しんばし

新幹線のぞみ号を横目に、品川駅に到着するの図。(2015/03/14)

そして品川駅へ向かって出発。(2015/03/14)

新橋にも昼間になると、青帯のE531系列車が停車。(2015/03/14)

東北本線 東京-日暮里 5.8km

東京とうきょう

東京駅に到着したE231系電車。新幹線の隣のホームに到着。(2015/03/14)

神田方面からE531系の列車がやってくるの図。(2015/03/14)

特急ひたち号

特急ひたち号が踊り子号の隣に並ぶ。向かう方向は北と南で正反対。(2015/03/14)

路線案内

常磐線も仲間入りの上野東京ライン路線図。常磐線の部分は電車の色を反映して取手を境に緑と青の2色分け。(2015/03/14)

上野うえの

上野駅で発車を待つE231系快速電車。全面緑色の列車は昼間は上野駅始発。高架上の行き止まりのホームから発着する。(2008/12/31)

上野東京ラインに直通する列車は5-9番線の東京方面に線路が続いているホームから発着する。これまで宇都宮線・高崎線の列車しか発車していなかったホームに常磐線の列車がやってきた。(2015/03/14)

17番線

上野東京ライン開通まで特急ひたち号が拠点としていた17番線からの発車も、今は朝夜の時間帯のみ。品川発着のひたち・ときわ号は高架ホームからの発車となった。(2012/03/17)

17番線ホームへの入口、かつては専用改札口があり特急券をばっちりチェックしていたが、発車する列車が全車指定席のものが多数になったこともあってかダイヤ改正後撤去されてしまった。(2015/03/14)

2階建普通車

2階建グリーン車が登場するずっと以前に走っていた2階建普通車両。評判が良くなかったのか増える気配は一向に無く、結局姿を消した。(2005/11/23)

常磐線 日暮里-取手 37.4km

日暮里にっぽり

日暮里で山手線や宇都宮線と別れ、北千住方面へ。(2008/11/23)

485系ひたち

ひたち号の485系ボンネット型の車両。1998年に日暮里の跨線橋から撮影。(1998/11/23)

南千住みなみせんじゅ

東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスとの乗換駅。日比谷線とはつくばエクスプレスの開業まで同じ南千住であっても乗換駅の扱いにはなっていなかった。どの路線の駅も直接つながっておらず、乗り換えには一度公道に出る必要がある。(2011/10/01)

南千住駅のまだ真新しいホームに到着した常磐線の快速列車。(2012/02/24)

隅田川貨物駅

南千住駅に隣接して広大なヤードを構える隅田川という名前の貨物駅。(2011/10/01)

北千住きたせんじゅ

つくばエクスプレスの駅の下にホームがある。(2012/03/17)

松戸まつど

松戸駅快速列車ホーム。エメラルドグリーンのE231系と青色帯E531系の列車が並ぶ。(2015/01/09)

松戸駅駅舎。(2015/01/09)

かしわ

柏駅に停車する快速列車。特急列車の一部も、上野を出てこの駅に初めて停車。(2014/12/28)

柏駅の駅舎。(2014/12/28)

我孫子あびこ

成田線が分岐。常磐線から成田線へ直通する列車もある。(2012/01/06)

我孫子駅を出て成田線が分岐していく。(2012/01/06)

天王台てんのうだい

天王台駅快速列車ホーム。我孫子止まりだった各駅停車も取手まで延長されたが、朝夕以外は需要がそれほどなかったためか昼間は休業状態。快速列車のみが天王台にやってきている。(2014/12/28)

天王台駅駅舎。成田線東我孫子駅が比較的近くにある。(2014/12/28)

利根川を渡る

天王台から取手の間で利根川を渡り茨城県へ。快速線は最近になって鉄橋が架け替えられた。(2014/12/28)

そして利根川を渡り終えると、間もなく取手。(2014/12/28)

取手とりで

E231系の快速列車、というか直流区間しか走れない電車はこの駅が終点。ここから藤城までの間に交流区間との切替のためのデット・セクションが存在する。(2014/12/28)

取手駅を通過していくひたち号。快速列車の起・終点駅であるが、特急列車は停まらない。(2014/12/28)

間もなく取手を通過するスーパーひたち号の車内から撮影。(2002/03/23)

取手駅駅舎。(2004/07/24)

常磐線 取手-水戸 77.9km

佐貫さぬき

関東鉄道竜ケ崎線との乗り換え駅。(2001/12/31)

佐貫駅ホーム

緩くカーブしたホームに停車中の普通列車。(2001/12/31)

ひたち野うしくひたちのうしく

2面4線のホームを持ち特急列車の退避も可能。1985年の筑波万博が開催された際に「万博中央」という臨時駅が設置された場所で、万博終了後長くは更地になっていたが、1998年に今の駅が開業した。(2015/03/22)

万博中央駅ばんぱくちゅうおう

1985年の筑波万博開催期間中に設置されていた臨時駅。駅前から連接のシャトルバスが走っていた。(1985/06/28)

万博中央駅駅舎

万博開催期間限定の駅だっただけに、広くて大きいながらどこか簡素な造りをしており、この駅自体万博のパビリオンみたいな感じだった。(1985/06/28)

土浦つちうら

東京方面からの普通列車の半分くらいはこの駅止まり。特別快速列車もここが終点。特急ときわ号とひたち号の一部も停車する。(2015/03/22)

エキスポドリーム号

筑波万博が開催されている間に運転されていたエキスポドリーム号。土浦駅の車両基地で一夜を明かして万博中央駅に向かうという、ホテル代わりに利用できる列車だった。(1985/06/28)

2階建て普通列車

土浦駅で発車待ちの今は無き2階建て普通列車の車両。(2003/07/19)

筑波鉄道の跡

1987年に廃止された筑波鉄道。くしくも「国鉄最後の日」だった。1990年訪問時にはまだホームが残っており、ディーゼルカーが停まっていたと思われるあたりの線路に落ちた油が残されていた。(1990/01/13)

土浦駅を出た先は、30年近く経った今でも筑波鉄道の線路があったと思われる場所が空間になっている。(2014/04/26)

常磐線と分かれた先はサイクリングロードとなっていて、筑波鉄道の名残を留めている。(2014/04/26)

石岡いしおか

こちらは鹿島鉄道の乗り換え駅だったが2007年に廃止。常磐線沿線のローカル私鉄の廃止が続いており寂しい限り。(2003/07/19)

廃止後しばらくの間は、石岡駅に残された鹿島鉄道の車両の姿を見ることが出来た。(2007/05/04)

友部ともべ

水戸線がここから合流。水戸線の列車は水戸まで乗り入れてくる。(2015/03/22)

赤塚あかつか

偕楽園臨時駅を挟んで水戸駅の一つ手前の駅。本来特急に乗っていると停まらない駅だが、この日は常磐線の事故の影響でしばらくこの駅で足止めを食らっていた。(2014/11/02)

偕楽園かいらくえん

同名の公園・偕楽園への最寄り駅で水戸梅まつり期間中の休日に客扱いをする。開設期間中は特急列車も停車するため臨時駅にしてはホームは長いが、ホームは下り線のみしか無い。そのためか水戸駅までの切符で偕楽園で下車すると、引き続き偕楽園から水戸まで乗車できる清算証をもらえた。(2013/02/24)

出入口近辺

下車客と、駅員さん、それと梅まつりの関係者や着物を着た「水戸の梅大使」のお姉さんなどで賑わうのホーム。出入り口には簡易Suica改札機が設置されていた。(2013/02/24)

駅から偕楽園の駐車場に向かう階段。入口には発車時刻表が掲げられていた。(2013/02/24)

シーズン期間外の偕楽園駅

1990年5月、開設期間外に訪れた時の偕楽園駅の様子。普段は仮設の出札口も無く、閉ざされたホームと階段が佇んでいる。(1990/05/20)

水戸みと

茨城県の県庁所在地駅。ひたち号のほとんどの列車は上野から1時間以上ノンストップで突っ走り、この駅で初めて停車。(2014/11/01)

勝田方面を撮影。右が常磐線で左が水郡線。水戸駅を出るとすぐに両線は二手に別れていく。(2014/11/01)

旧フレッシュひたち型の売店

水戸駅のホームにこんな形をした売店を見つけた。(2006/11/23)

近くで見るとこんな感じ。形式は違うが、本物のひたち号と並ぶ。(2014/11/01)

水戸駅駅ビル

水戸駅の駅ビル。(2001/12/31)

やっぱり水戸と言えば……

駅前にやっぱりあった水戸黄門の像。(2001/12/31)


JR東日本・常磐線