↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
中央線関連リンク



     

中央線(各駅停車) 御茶ノ水-三鷹 21.5km

御茶ノ水おちゃのみず 【JB18】

中央線快速を両側に挟まれる線形。総武線各駅停車と一体化して運転されているが、早朝深夜は総武線はお茶の水止まり。御茶ノ水からの各駅は東京から来たオレンジ色の電車が停まっていく。駅番号は中央線快速とは反対に、三鷹方面に向かって番号が減っていく。(2018/01/04)

水道橋すいどうばし 【JB17】

東京ドームの最寄り駅。巨人戦がある日には目に見えて乗降客が多くなる。御茶ノ水側にクロスポイント(折り返し線)があるのだけど、この駅どまりの列車が走ったことがあるのだろうか。(2009/07/16)

飯田橋いいだばし 【JB16】

路線が東から南西方向へ方向転換する区間に位置し、そのためホームが急カーブを描いている。列車とホームの間が広く開いている事を注意するお知らせがあちこちに。(2013/03/24)

が満開の頃の外堀のあたり。(2013/03/24)

市ヶ谷いちがや 【JB15】

外堀に沿って走る区間の途中にある駅。駅よりスターバックスの看板の方が目立っていた。地下鉄3路線とは乗り換え専用通路でつながっている。(2009/03/20)

四ツ谷よつや 【JB14】

中央線の上空を東京メトロ丸の内線、地下を南北線が通る。上下を地下鉄の路線に挟まれている。(2013/12/29)

信濃町しなのまち 【JB13】

千駄ヶ谷と共に国立競技場の最寄り駅。神宮球場や国立競技場で試合の行われたときは、千駄ヶ谷からの切符でもこの駅からの乗車が出来る。(2009/04/18)

千駄ヶ谷せんだがや 【JB12】

国立競技場の最寄り駅。写真は2006年のナビスコカップ決勝の日に階段に貼りだされていたジェフの応援ポスター。さすが親会社だけに気合が入っていた(?)。(2006/11/03)

同じくナビスコカップ決勝の日、国立競技場に向かうお客でごった返す改札口。イベント会場の最寄り駅で繰り返されていた「お帰りの切符をお求めの上」の決まり文句もSuicaやPasmoの普及に従って死語になっていくかもしれないね。(2006/11/03)

代々木よよぎ 【JB11】

山手線との乗り換え駅。中央線は各駅停車のみ停車する。(2001/10/02)

迫りくる新宿駅

ホーム増設を繰り返し、だんだん代々木駅に近づいてくる新宿駅ホーム。一番南側のホーム先端は代々木駅北端と目と鼻の先である。(2009/04/04)

新宿しんじゅく 【JB10:SJK】

山手線とホームを共用。どちらの路線もひっきりなしに列車がやってくる。(2018/01/04)

大久保おおくぼ 【JB09】

同じJR東日本の中に同じ駅名が秋田県(奥羽本線)にある。JRグループ内だとさらに兵庫県(山陽本線)にももう一駅存在する。(2018/01/04)

高架下に小ぢんまりとあった改札口。(2018/01/04)

東中野ひがしなかの

通過する快速列車から撮影した東中野駅。(2018/01/06)

中野なかの 【JB07】

JRに挟まれるように東京メトロ東西線のホームがある。駅前はなんとなく雑然としていた。(2009/06/13)

高円寺こうえんじ 【JB06】

中野より三鷹までは快速・各駅停車両方にホームがある。高円寺駅停車中の各駅停車。(2018/01/06)

阿佐ヶ谷あさがや 【JB05】

(2018/01/06)

荻窪おぎくぼ 【JB04】

荻窪駅各駅停車ホーム。もっとも平日は中野から三鷹まで、快速列車の方も各駅に停まる。(2015/03/28)

西荻窪にしおぎくぼ 【JB03】

快速・各駅停車の2つのホームが並ぶ。(2018/01/06)

吉祥寺きちじょうじ 【JB02】

吉祥寺駅に停車する列車。(2018/01/06)

中野から三鷹まで乗り入れてくる東京メトロ東西線の車両。朝夕しか乗り入れてこない西船橋-津田沼間と違って、こっちは昼間も普通に東京メトロの車両が乗り入れてくる。(2018/01/06)

三鷹みたか 【JB01】

中央線各駅停車の終点。ただし深夜・早朝はここからさらに立川方面へと運転する列車があるためか、駅名標には次の武蔵境の駅名が表示されていた(写真右)。(2018/01/06)

東京メトロ東西線の乗り入れも三鷹まで。(2018/01/06)


JR東日本・中央線