↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
中央本線関連リンク



中央本線 新宿-松本 225.1km

中央線(快速) 新宿-大月 77.5km

新宿しんじゅく

特急列車「あずさ」「かいじ」は大部分が新宿より出発する。かつては甲府方面に行く中距離普通列車も新宿発のものがあったが、現在はほとんどが高尾始発に。新宿駅はホーム増設が進むに連れて、だんだん代々木の方向に近づいているような気がする。(2003/07/27)

立川たちかわ
日野ひの
豊田とよだ
八王子はちおうじ
西八王子にしはちおうじ

高尾たかお

高尾駅で発車待ちする当駅始発の普通列車。当時走っていた115系の列車。昔の総武線快速によく似た車両だが、前面の塗り分けが微妙に異なる。(2006/05/02)

相模湖さがみこ

高尾山と相模湖へのハイキング帰りに撮影。ホームを挟んで対面の斜面に植え込みで「さがみこ」の文字が見える。(1987/05/07)

藤野ふじの
上野原うえのはら
四方津しおつ
梁川やながわ
鳥沢とりさわ
猿橋さるはし

大月おおつき

富士急との乗り換え駅。中央線から直通する列車もある。青色の普通電車の姿が見える。(2011/09/23)

初狩はつかり
笹子ささご
甲斐大和かいやまと
勝沼ぶどう郷かつぬまぶどうきょう
塩山えんざん
東山梨ひがしやまなし
山梨市やまなしし
春日居町かすがいちょう
石和温泉いさわおんせん
酒折さかおり

甲府こうふ

甲府駅に停車した普通列車。かつては東海道線などを走っていた211系が活躍。ここから身延線が分岐している。(2018/08/16)

E353系あずさ号

甲府駅を出発する特急あずさ号。2017年から登場したE353系(2018/08/16)

甲府駅駅舎

甲府駅駅舎。こちらは北口の様子。(2018/08/16)

2011年訪問時の甲府駅

甲府駅ホームに止まる普通列車と特急列車。甲府駅を出ると車両基地のそばを通り過ぎ、なのはな号も停まっているのを見かけた。(2011/09/23)

竜王りゅうおう

ここと隣の塩崎駅は甲斐市の所属駅。駅名標がイラスト入りだった。(2018/08/16)

貨物駅もあり、駅構内にはコンテナ車の姿があった。(2018/08/16)

塩崎しおざき

駅名はもともとここが塩崎村だったことに由来している。今は竜王と共に甲斐市にある。(2018/08/16)

塩川を渡る

塩川という名前の川を渡る。(2018/08/16)

韮崎にらさき

韮崎市の中心駅。特急あずさも一部が停車する。(2018/08/16)

小淵沢方面側に長めに延びる留置線(2018/08/16)

新府しんぷ

ホームに昔ながらのスタイルの駅名標があった。(2018/08/16)

穴山あなやま

島式ホームの駅。こちらにも昔ながらのスタイルの駅名標が。(2018/08/16)

日野春ひのはる

ここより北杜市へ。北杜は「ほくと」と読み、平成の大合併で近隣1市7町村が合併してできた市だとか。日野春はかつては中央本線にもあった夜行列車が列車時刻の調整も兼ねて1時間ほど停車する駅として知られていたが、そんな話ももう昔ばなしかな。(2018/08/16)

ここにも韮崎で見かけたような留置線が。スイッチバックの名残かな?(2018/08/16)

長坂ながさか

北杜市の代表駅。特急列車は隣の小淵沢に停車するが、2017年3月までは朝夜の1本ずつが停車していた。写真左(上)が下り線ホームで右が上り線ホーム。(2018/08/16)

そしてここにも昔のスタイルの駅名標があった。(2018/08/16)

そしてさらにここにも長めの留置線が。(2018/08/16)

小淵沢こぶちざわ

小海線との乗換駅。特急列車は全て停車する。かつては小淵沢市の所属だったが、合併してここまでが北杜市になっている。(2018/08/16)

小海線のディーゼルカーが停まっているホーム。(2011/09/23)

信濃境しなのさかい

山梨県を出てここから長野県へ。(2018/08/16)

立場川橋梁

信濃境と富士見の間に架かる橋。川自体は小さいが、谷となっている地帯の一帯を超える形で架かっており、車窓から眼下に広がるビニールハウスや田んぼなどを眺めることができる。(2018/08/16)

富士見ふじみ

2面3線の駅。あずさ号も一部停車する。(2018/08/16)

すずらんの里すずらんのさと

1985年開業の対向式ホームの駅。セイコーエプソンの富士見事業所が北西方向にあり、事業所へのアクセス確保のため同社が費用を負担して開業した駅だとか。(2018/08/16)

青柳あおやぎ

こちらも2面3線の駅。下り列車とすれ違い。ここより茅野市に入る。(2018/08/16)

茅野ちの

茅野市の代表駅で特急列車も全て停車する。ホームはまたまた2面3線。(2018/08/16)

普門寺信号場ふもんじ

ずっと複線だった路線がここから急に単線になる。単線区間は岡谷まで続く。(2018/08/16)

上諏訪かみすわ

諏訪湖、霧ヶ峰公園、上諏訪温泉などの多くの観光地への拠点となっている駅。8月のお盆に通り過ぎたら、上りホームは帰りの特急列車に乗るお客で大混雑していた。(2018/08/16)

ここにもあった昔ながらのスタイルの駅名標。(2018/08/16)

2011年の上諏訪駅

上諏訪駅で遅れている上りあずさ号の到着待ち。単線のため対向列車が遅れていると到着まで待たされることに。 待たされていたのはスーパーあずさ号だったが、遅れて到着した列車も特急だと文句も言えまい。(2011/09/23)

足湯

1番線ホームにある足湯。以前は入浴できる温泉だったような。(2011/09/23)

下諏訪しもすわ

こちらも諏訪大社や下諏訪温泉などの観光地の拠点となっており、特急列車はここにもほぼ全列車が停車している。(2018/08/16)

岡谷おかや

岡谷から中央本線はみどり湖経由の新線と辰野周りの旧線に分かれる。特急はもちろん、普通列車も多くは新線を経由する。旧線は飯田線からの乗り入れと区間運転の列車でまかなわれている状況。(2011/09/23)

岡谷を出て新旧線に分かれる。高度を下げていく旧線は引き続き単線だが、新線はここから複線となる。(2018/08/16)

みどり湖みどりこ

岡谷からの長大トンネルの先にある新線に設けられた唯一の途中駅。新旧線二手に分かれる本線の場合、新線を通るのは特急列車ばかり……という状況がよくある中、この路線は普通列車もそこそこの本数がある。(2011/09/23)

みどり湖を出た上り普通列車。長大トンネルの中へと進んでいった。(2011/09/23)

みどり湖駅入口

駅は掘割の下にあり、ホームへは陸橋に設けられた入口より階段を下りていく。上下ホーム別々に入口が設けられている。(2011/09/23)


川岸かわぎし

辰野たつの

まだ国鉄時代の頃に撮った駅舎で「JNR」のマークが見える。飯田線への乗換駅。(1986/08/20)

信濃川島しなのかわしま
小野おの
間もなく塩尻

二手に分かれた新旧線が再び合流すると間もなく塩尻に到着。かつては写真の位置に塩尻駅があったが、名古屋方面から松本方面に列車の向きを変えずに運転できるように、駅の位置が移転している。(2018/08/16)

篠ノ井線 塩尻-松本 13.3km

塩尻しおじり

塩尻から先、中津川・名古屋へと向かうのが中央本線。しかし現状は東京方面・名古屋方面の列車どちらも松本方面へと直通運転をしており、中央本線を直通運転する列車が無い。そのため中央東線・中央西線という呼ばれ方をすることも。(2018/08/16)

2011年9月訪問時の塩尻駅。(2011/09/23)

広丘ひろおか

対向式ホームの駅。駅舎は2007年に改築されている。(2018/08/16)

村井むらい

こちらは島式ホームの駅。(2018/08/16)

平田ひらた

2007年開業。JR化後に開業した駅。(2018/08/16)

南松本みなみまつもと

貨物駅が併設されており、駅の隣にはコンテナやタンク車の姿があった。(2018/08/16)

松本まつもと

中央線、篠ノ井線、大糸線と松本電鉄も集まる鉄道の拠点。あずさ号もこの駅まで運転し、一部はさらに大糸線方面へ乗り入れていく。(2018/08/16)

松本駅を発車するE353系のスーパーあずさ(2018/08/16)

こちらは中央西線からやって来たJR東海の車両の普通列車。(2018/08/16)

松本駅駅舎

松本駅駅舎。こちらは西口の様子。(2018/08/16)

2003年の松本駅

2003年訪問時の松本駅ホームと2011年夕暮れ時の松本駅駅舎。(2003/07/27)


中央本線 JR東日本